無償版サウンドミドルウェア「ADX2 LE」

ご利用に関するFAQ

利用は無料ですか?
「ADX2 LE」はどなたでも無料でご利用いただけますが、「ADX2 LE」を使って開発したゲーム・アプリの販売や配信には下記の条件が定められています。
 ・個人またはインディーズで、前年の年商が1,000万円を超えていないこと
 ・対象のゲームまたはアプリの累計売上額が1,000万円を超えないこと
 ・対象のゲームまたはアプリに著作権を表記すること
詳細は「ユーザー使用許諾契約書」をご覧ください。
個人でなくても利用できますか?
「ADX2 LE」はどなたでもご利用いただけますが、「ADX2 LE」を使って開発したゲーム・アプリの販売や配信には 下記の条件が定められています。
 ・個人またはインディーズで、前年の年商が1,000万円を超えていないこと
 ・対象のゲームまたはアプリの累計売上額が1,000万円を超えないこと
 ・対象のゲームまたはアプリに著作権を表記すること
詳細は「ユーザー使用許諾契約書」をご覧ください。
授業で「ADX2 LE」を使ってもよいですか?
「ADX2 LE」は大学や専門学校など、授業料の有料/無料に関わらず、授業でお使いいただけます。

SDKや機能に関するFAQ

「ADX2 LE」SDKには何が含まれていますか?
サウンドツール、Unity向けプラグイン、Cocos2d-x向けプラグイン、Unreal Engine4向けプラグイン、Windows開発用ランタイムライブラリ、ドキュメント、サンプルプログラム、サンプルデータが含まれています。
ツール上にライセンス更新の警告が出るようになりました。
継続してご利用になる場合は、最新版のSDKをダウンロードしてご利用ください。
素材サイト等からダウンロードした音を「ADX2 LE」で加工できますか?
可能ですが、素材の加工や配布はその配布元の使用条件に従って行ってください。加工を禁止された素材もあります。
使用可能な音源の数の制限はありますか?
音源数の制限はありません。
「ADX2 LE」の対応プラットフォームは何ですか?
PC、Mac、iPhone、Androidに対応しております。Web Playerや各種コンソールゲーム機、Windows Phoneには対応しておりません。
chm形式のマニュアルの内容が表示されません。
■Windowsの方
Windowsのセキュリティ機能によって.chmファイルの表示がブロックされている可能性があります。
以下のいずれかの方法で対応してください。
(a) chmファイルを右クリックして[プロパティ]を選択、[ブロックの解除]をクリックする。
(b) chmファイルを開くときに[セキュリティの警告]ダイアログが表示される場合は、[この種類のファイルであれば常に警告する]のチェックを外す。

■MACの方
chmファイルを閲覧できるソフトウェアを導入の上、ご利用ください。
「ADX2 LE」について不具合報告や技術的な質問をしたい。
Facebookのユーザーフォーラム「ADX2ユーザー助け合い所」をご利用下さい。CRIの開発者も参加しています。

開発環境に関するFAQ

「ADX2 LE」が対応している開発環境は何ですか?
「Unity」「Cocos2d-x Ver3.2」「Visual Studioを用いたPCゲーム開発」となります。PC, Mac, iOS, Android向けの出力に対応しています。
また「Unreal Engine 4」を用いた開発にも対応しております。ただしこちらは PC 向けの出力のみの対応となります。
その他の開発環境の場合は、「ADX2 LE」のランタイムを使用せずツールから直接WAVEファイルを出力する「バウンス機能」を利用することができます。
なお、有償版「ADX2」は、コンソールゲーム機向けのUnityや、Unreal Engine 4など、多くのゲームエンジン・プラットフォームでのライブラリ組込みに対応しています。
C/C++以外の言語からも使用できますか?
可能です。「ADX2 LE」Windows版ライブラリは、C言語でつくられたダイナミックリンクライブラリです。 C#やjavaなど別の言語からの利用につきましては、各種言語のドキュメントにて、「CでつくられたDLLの利用方法」をご参照ください。
ADX2LEで作られたデータをMacのUnityで扱う事は可能ですか?
可能です。オーサリングソフトであるAtomCraftはMacOSでは動作しませんが、Windows上で作られたデータをMacのUnityでお使いいただけます。
「ADX2 LE」の英語版はありますか?
「ADX2 LE」は日本語SDKのみの提供となります。
また、「ADX2 LE」は日本国内の開発者を対象としており、海外での利用はできません。
海外でのご利用や英語でのご利用をご希望の場合、Unity Asset Storeで販売中のADX2 Unity Pluginのご利用をご検討ください。
Do you have the English version of ADX2 LE ?
We provide only the Japanese version of “ADX2 LE”. Additionally, it is only for developers in Japan and not available overseas. But, we are also offering the commercial product of CRI ADX2 for English version and technical support in English-speaking countries.
日本国内からダウンロードページにアクセスしましたが、「Sorry, now CRI ADX2 LE is only for domestic use in Japan.」というメッセージが表示され「ADX2 LE」をダウンロードできません。
プロキシ設定(接続元IPアドレスが日本国外になっている)が原因となっている可能性が考えられます。
お使いのウェブブラウザのプロキシ設定をご確認ください。

アプリ・ゲームの配信に関するFAQ

PCゲームで発売したタイトルを家庭用ゲーム機などに移植する場合、ライセンス料はどのようになりますか?
ADX2 LE対応外のプラットフォームに展開する場合は、CRIと個別に契約が必要です。その場合、通常契約の料金体系となります。

ADX2 LEの対応プラットフォームはこちらをご覧ください。
「ADX2 LE」の対応プラットフォームは何ですか?
通常契約の料金体系はCRI・ミドルウェア コーポレートサイトの各製品ページよりご確認下さい。
「ADX2 LE」を使ったゲームやアプリは配信できますか?
可能ですが、下記の条件が定められています。
 ・個人またはインディーズで、前年の年商が1,000万円を超えていないこと
 ・対象のゲームまたはアプリの累計売上額が1,000万円を超えないこと
 ・対象のゲームまたはアプリに著作権を表記すること
詳細は「ユーザー使用許諾契約書」をご覧ください。
「ADX2 LE」で作成したサウンド素材は商用利用できますか?
可能ですが、下記の条件が定められています。
 ・個人またはインディーズで、前年の年商が1,000万円を超えていないこと
 ・対象のゲームまたはアプリの累計売上額が1,000万円を超えないこと
 ・対象のゲームまたはアプリに著作権を表記すること
詳細は「ユーザー使用許諾契約書」をご覧ください。
「ADX2 LE」を使ったゲーム・アプリを販売する場合、どんな手続きが必要ですか?
著作権の表記をお願いします。

また、下記の条件を満たしているかご確認ください。
 ・個人またはインディーズで、前年の年商が1,000万円を超えていないこと
 ・対象のゲームまたはアプリの累計売上額が1,000万円を超えないこと
 ・対象のゲームまたはアプリに著作権を表記すること
詳細は「ユーザー使用許諾契約書」をご覧ください。
「ADX2 LE」についてのドキュメントや出版物などを、制作、頒布、販売してもよいですか?
可能ですが、下記の条件が定められています。
 ・個人またはインディーズで、前年の年商が1,000万円を超えていないこと
 ・対象のゲームまたはアプリの累計売上額が1,000万円を超えないこと
 ・対象のゲームまたはアプリに著作権を表記すること
詳細は「ユーザー使用許諾契約書」をご覧ください。
ツールについての記述やスクリーンショット、利用する際の関数などを、ブログやウェブサイトに公開しても大丈夫ですか?
はい、公開していただけます。
「ADX2 LE」のユーザー使用許諾契約書はどこから確認できますか?
こちらからご確認ください。
「ADX2 LE」の著作権表記とは何ですか?
「ADX2 LE」を使ったコンテンツを販売、配信する際に必要な文書やロゴーマークです。
使用方法は「著作権表記」をご覧ください。
著作権表記の方法を教えてください。
著作権表記」をご覧ください。
「ADX2 LE」に含まれているサンプル素材は加工して使用できますか?
サンプル素材の利用や転用は禁止されています。使用いただける素材は別途ご提供しています。(ツール→ヘルプにて、素材ページURLをご案内しています。)

有償版ADX2への移行・互換に関するFAQ

有償版「ADX2」との違いは何ですか?
「ADX2」は法人企業向けで、ほぼ全てのゲームプラットフォームでのゲーム開発に対応しており、ライセンスにはサポートが含まれています。
「ADX2 LE」はUnityを使用したPC、Mac、iPhone、Androidアプリ開発に対応しており、どなたでもお使いいただけますが、サポートは対象外です。また、「ADX2 LE」で開発したコンテンツやアプリの配布/販売には制限があります。
有償版「ADX2」で作ったデータを「ADX2 LE」で使うことはできますか?
「ADX2」と「ADX2 LE」で、データの互換性はありません。
有償版「ADX2」に移行したい。
別途ご契約が必要です。問合わせフォームよりご連絡ください。
有償版「ADX2」はいくらですか?
対象とするプラットフォーム、販売地域、販売方法(売り切り、基本無料、月額課金など)の諸条件によって異なります。詳しくは問合わせフォームよりご連絡ください。
なお、「ADX2」は法人企業様のみへのご提供となります。