タイムラインでのウェーブフォームリージョン編集

ウェーブフォームリージョン をタイムライン上で編集することが出来ます。

タイムラインでの編集は以下の操作をサポートしています。
具体的な操作はリンク先を参照して下さい。

数値による調整を行いたい場合は下記のリンク先を参照して下さい。

タイムラインツール

タイムラインツールは、機能に応じた操作をタイムライン上で行うことが出来ます。
ツールを切り替えるためには、タイムラインツールバー上のアイコンをクリックします。

criatom_tools_atomcraft_timeline_edit_tool_select.png


名称 アイコン キーボードショートカット 可能な動作
選択ツール
criatom_tools_atomcraft_timeline_select_tool.png
1 リージョンの選択, 移動,
トリミング, フェード設定
分割ツール
criatom_tools_atomcraft_timeline_cut_tool.png
2 リージョンの複数選択, 分割

リージョン編集の特徴と注意

タイムラインでの編集は非破壊編集です。トリミングやフェードを行っても、マテリアルに登録した波形ファイルには影響しません。

ファイルサイズの注意

通常、CRI Atom CraftでACB(またはAWB)を作成する際は、複数のリージョンが同じマテリアルを参照していても、ACB(またはAWB)にパッキングされるマテリアルは1つだけになります。
しかし、編集されたリージョンはパラメータの内容の通りに それぞれ別個の波形として エンコードされてACB(またはAWB)にパッキングされます。
例えば、波形Aを参照する3つのリージョンに対してフェードパターン1, パターン2, パターン3と、それぞれに設定値が異なるフェードを適用させた場合、
それぞれのリージョンごとに波形のエンコードが行われ、それらが全てACB(またはAWB)にパッキングされます。

しかし、リージョンの編集を行ったマテリアルが全て個別のマテリアルとして登録されるわけではありません。
以下の条件に全て当てはまった場合に同一のマテリアルとみなし、ACB(またはAWB)に1つだけパッキングされます。

  1. トリミング範囲が同一
  2. フェードインの時間・カーブ強・カーブタイプが全て同一
  3. フェードアウトの時間・カーブ強・カーブタイプが全て同一
覚え書き
例えば音楽ゲームなどで、1曲分のBGMも使いつつ選曲画面用にサビだけトリミングしたものも使う場合、合計サイズは「元データ + 選曲用部分」となります。
また、ダイアログなどで複数のセリフを1つの波形ファイルに収めている場合、分割やトリミングで無音部分を削除すれば、削除した分のデータが削減できます。