MIDIコントローラによるツール操作

CRI Atom Craftは、MIDI機器を使用してCRI Atom Craftのパラメーターをコントロールすることができます。
また、実際にどのパラメーターを割り当てるかを自由に決めることもできます。

このセクションでは、CRI Atom Craftの各種パラメーターに対してMIDIコントローラを 割り当てる方法や、MIDI機器の設定方法について説明します。

MIDIコントローラアサイン

MIDIコントローラアサインは、CRI Atom Craftの各種パラメーターに対するMIDIコントローラの割り当てを設定・確認する機能です。
MIDIコントローラアサインはメニュー[ツール]-[MIDIアサイン...]で表示されるダイアログより設定可能です。

atomcraft_midi_controler_assign.png

MIDIコントローラアサインウィンドウの表示

MIDIコントローラアサインウィンドウは、MIDIアイコンをダブルクリックすることでも表示されます。

atomcraft_midi_light.png

メニュー[ツール]-[MIDIアサイン...]からも表示することができます。

簡易設定

簡易設定では、MIDIコントローラの割り当てを簡易的に設定・確認することができます。
CRI Atom Craft上でMIDIコントローラを割り当てることが可能なパラメーターを選択すると、以下のように表示されます。

craftv2_midi_assign_quick.png

簡易設定項目の一覧

項目 説明
簡易/詳細設定ボタン MIDIコントローラアサインを簡易/詳細設定モードに切り替えます。
MIDIコントローラを割り当てることが可能なCRI Atom Craftのパラメータ一覧は、詳細設定モードで確認することができます。
ラーニング チェックが入っているとき、MIDIコントローラの操作を覚えるモード(ラーニングモード)になります。
このときはMIDIコントローラを操作してもCRI Atom Craftのパラメーターは変化しません。
チェックを外すとラーニングモードは解除され、CRI Atom Craftのパラメーターを操作できる状態になります。
パラメーター 選択しているパラメーターにMIDIコントローラを割り当てることが可能な場合、パラメーター名が表示されます。
DSPバス・トラックを選択した場合は、右のコンボボックスに設定可能なパラメーターの一覧が表示され、指定できるようになります。
例えば、トラックの場合は「ボリューム」・「ミュート」・「選択」を指定できます。
MIDI 割り当てられているMIDIコントロールメッセージが表示されます。

MIDIコントローラの割り当て方法

「ラーニング」にチェックが入っている状態で使用したいコントロールを操作すると、「MIDI」に表示されているコントロールメッセージが操作したコントロールの値になります。
これで設定は完了です。

詳細設定

詳細設定では、MIDIコントロールの割り当てを詳細に設定・確認することができます。
詳細設定ボタンを押すと、設定画面下方にMIDIコントロールメッセージの詳細を示した「MIDIメッセージ」が表示され、
右側にはMIDIコントローラを割り当てることが可能なパラメータ一覧リストが表示されます。

craftv2_midi_assign_advance.png

MIDIメッセージ

MIDIメッセージでは、MIDIコントロールメッセージを直接入力することができます。

項目 説明
イベント MIDIイベントの種類を設定できます。
ノートオン・コントロールチェンジ・ピッチベンドの3つから選択が可能です。
番号 MIDIイベントの種類がノートオンまたはコントロールチェンジの場合、その番号を設定できます。
チャンネル MIDIイベントのチャンネルを設定できます。
入力幅 MIDIコントローラで使用する入力幅を設定できます。
ノートオン・コントロールチェンジは0から127の間で、ピッチベンドは0から16383の間で設定できます。
よく使う値については、右の▼ボタンから選択することもできます。(*1)
初期値に戻す 対象のパラメーターについてのMIDIアサイン情報を初期値に戻します。
変更前に戻す MIDIアサイン情報を、パラメーターを選択したときの状態に戻します。

(*1) 入力幅を持たない一部のパラメーターには設定出来ません。

パラメータ一覧リスト

パラメータ一覧リストには、MIDIコントローラを割り当てることのできるパラメーターと、それぞれに対して割り当てられているMIDIメッセージが一覧で表示されます。
このリストから割り当てを行いたいパラメーターを選択することができます。
チェックを外すことで、該当パラメーターのMIDIコントローラによる操作を無効にできます。

一覧リスト右上にある「全アサインを有効/無効にする」のチェックを使うと、全てのパラメーターについてMIDIコントローラ操作が有効/無効になります。
一覧リスト左上のメニューボタンから、プリセットの読み込み・保存などを行うことができます。

craftv2_midi_assign_menu.png

メニューボタンの項目一覧

項目 説明
設定ファイルを読み込む 全てのパラメーターに対するMIDIコントローラ割り当てをプリセットとして読み込みます。
設定ファイルを保存する 全てのパラメーターに対するMIDIコントローラ割り当てをプリセットとして保存します。
設定を初期化する 全てのパラメーターに対するMIDIコントローラ割り当てを初期値に戻します。
全て展開 パラメータ一覧リストを全て展開します。
全て折りたたむ パラメータ一覧リストを全て折りたたみます。

MIDI機器の設定

ダイアログでは以下の項目を設定することができます。

craftv2_midi_property.png

MIDI設定の一覧

項目 説明
MIDI イン MIDI機器の入力ポートを指定します。