自動変化音の設定

自動変化音とは?

キューを再生した時に、音が自動的に変化して欲しい時があります。
同じ音が鳴ってほしくない場合、さまざまな音を用意するのですが、再生するキューは同じままで、データ側だけで音の変化をデザインすることができます。

通常の再生の場合はプログラムで鳴らしわけをする

キューを鳴らしわけたい数だけ用意し、再生することができます。
この方法の場合、プログラム側でどのように鳴らしわけるかといったことなど、プログラムを書かなくてはなりません。

データ側の振る舞いで鳴らしわけをする

キューには再生時にランダムな要素を込めて再生といったことができます。
プログラムでも可能ですが、よくある演出はデータ側だけでも行えるようになっています。

調整する場合でもデータの差し替えのみで完結するため、プログラマの負担を軽減します。

データでないと困難な演出もある

楽曲をビートに合わせて切り替えたりといったことは、プログラムでも監視することで多少はできますが、精度を高く行おうとする場合はデータ側の機能を使うことで解決できる場合があります。


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.