AISACの使用方法を決める

AISACの用途

AISACはパラメーター変更値をもったグラフの集合で、様々なものに利用されます。
例、距離減衰、エンジン音、スキーの滑走音など

ランダムAISACやAISACオートモジュレーションは、ツール上で利用できます。
例、風の音、波の音など

AISACはプログラムからコントロールされる

AISACはプログラムからもコントロールができます。
プログラムからコントロールする場合は、AISACコントロール経由になります。

craftv2_tips_decide_globalaisac0.png

AISACコントロールはプレーヤー単位

AISACコントロールの対象は再生するプレーヤーになります。

craftv2_tips_decide_globalaisac1.png

共有の必要なAISACはグローバルAISACとして使う

距離減衰など、再利用することが多い場合はグローバルAISAC化を検討します。
このとき、ワークユニット内でとどめておくこともできます。この場合はリファレンスAISACとなります。

craftv2_tips_decide_globalaisac2.png

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.