ダッキング対象として

特定のカテゴリの発音状況を利用して、別のカテゴリに所属するキューの音量をさげるといったダッキングを行うための機能「REACT」の制御対象としても使用可能です。

craftv2_tips_decide_use_category4.png

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.