エフェクト/バスの用途を決める

DSPバス設定のエフェクトの使いどころ

DSPバス設定のエフェクトは、比較的重いリアルタイムのエフェクトを使う場合に使用します。
よく使われる主なエフェクトにリバーブがあります。

craftv2_tips_decide_use_effect_bus0.png

どんな時に使うか?

目的は様々ですが、元の波形の加工までせずとも、リアルタイムで音の表現を変えることができます。

craftv2_tips_decide_use_effect_bus1.png

飛び道具的なエフェクトとしては、ディレイやコーラス、ディストーションやピッチシフターなどがあります。

メモリ使用量や負荷に注意

いろいろ使えるのですが、エフェクトを使えば使うほど負荷や使用メモリが増えてしまいます。
低スペックなターゲットでは使用を控えた方が良いでしょう。


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.