オートパンを実装する

再生した音がぐるぐる回るような音にしたい場合、AISACのオートモジュレーションを使うことができます。
オートモジュレーションで、ループにすることで、再生中ずっとパラメーターを変化し続けることができます。
応用としては、ピッチをゆらしたり、ボリュームをゆらしたりといったLFO的な用途もできます。

craftv2_tips_edit_autopan00.png

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.