センター、LFE

センターやLFEは基本的にパンニングでは使用しない、特別なスピーカーとして扱います。

craftv2_tips_program_3dsound_center_lfe00.png

センターまたはLFEのみの出力

センターのみ、LFEのみのモノラルの波形を用意して、パン[5.1]や3Dポジショニングのボリュームを0にします。

craftv2_tips_program_3dsound_center_lfe01.png

センターまたはLFEの成分について

CRI Atom Craftでセンター・LFEのセンドレベルを設定すると、パンニング対象のch成分をミックスダウンして出力成分を生成しセンター・LFEに出力を行います。

craftv2_tips_program_3dsound_center_lfe02.png

2chソースの場合、L、Rの成分がミックスされたものがセンドされます。

craftv2_tips_program_3dsound_center_lfe03.png

4chソースの場合、L、R、Ls、Rsの成分がミックスされたものがセンドされます。

craftv2_tips_program_3dsound_center_lfe04.png

5.1chの場合、L、R、Ls、Rsの成分がミックスされ、さらに元からあるC、LFEの成分が加算されます。 注意点として、5.1ch素材側のレベルが変化するのでは無く、4chの成分からミックスダウンした成分がセンドされます。

craftv2_tips_program_3dsound_center_lfe05.png

センターやLFEを個別にコントロールしたい場合

一つのキューにセンターのみのサウンドのトラックとパン[5.1]のサウンドのみのトラックをポリフォニックにします。 トラックのボリュームをコントロールするAISACなどを用意します。

craftv2_tips_program_3dsound_center_lfe06.png

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.