カテゴリを決める

音は、さまざまなグループに分けることができます。
ここでは一例として以下のように分けてみます。

これらを設定するには、ADX2ではカテゴリを利用すると便利です。

カテゴリで発音リミット

カテゴリのキューリミットを使えば、発音数を制限することができます。

カテゴリで優先度

カテゴリにAISACをつけて「ボイスプライオリティ」を設定「AISAC初期値」を有効にすることで、大まかな優先度の設定ができます。

カテゴリの細分化

場合によっては、もっと細分化していくと良いかもしれません。

「カテゴリグループ」や「キューに複数のカテゴリ」を設定するといったことも頭の片隅に置いておくと何かの役に立つかもしれません。

カテゴリの影響範囲について

カテゴリでの設定は、ゲームの中でも全体に影響を与えるようなルールになります。
どのプレーヤーで再生していようが、リミット数を超えないような設定にすることができます。

この機能を活かして、

カテゴリの出力されるファイルについて

全体に影響する設定のため、バイナリ出力を行うとその情報はACFファイルに記録されます。

全体設定に作成したカテゴリのどこに所属するかをキュー側で設定します。
キューの情報はACBファイルに記録されるため、カテゴリを使用するとACBがACFに依存する形になります。
このためカテゴリ項目を編集した際にはACF, ACBの両ファイルの更新を行うようにしてください。

craftv2_tips_program_decide_category00.png

効果音且つキャラボイスといったように1つのキューは異なる複数のカテゴリに所属することができます。

craftv2_tips_program_decide_category01.png

キューリンクを使用してキューが階層化されたキューの場合、基本的にはそれぞれのキューが所属カテゴリの影響下に入りますが、
リンク先キューがカテゴリに所属していない場合は、リンク元キューの所属カテゴリの影響下に入ります。

craftv2_tips_program_decide_category02.png

カテゴリのボリューム

カテゴリのボリュームを変えることで、そのカテゴリに所属するキューのボリュームに影響を与えます。

craftv2_tips_program_decide_category03.png

カテゴリでの発音数リミット

キューの再生数をカテゴリ単位でリミットできます。

カテゴリでの多重再生禁止時間

多重再生禁止時間をカテゴリ単位で指定できます。


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.