キューシートバイナリの容量を決める

キューシートバイナリ(ACBファイル)のサイズは、アプリケーション上でロード時に使用するメインメモリ量と同一になります。 キューシートバイナリにはキュー情報の他にメモリ再生用の波形や、キューシート単位でのワーク領域なども含まれます。

ストリーム再生用の波形はAWBファイルというACBファイルとは別ファイルとして出力されます。AWBファイルはキューシートをロードしてもメモリには読み込まれず、再生時にストリームバッファー (D-BAS)を経由して再生データのみのロード処理が行われます。

通常キューシートを複数作成するためにゲームの状況によりキューシートバイナリを同時に複数ロードすることになります。 そのため、サウンドデータでどこまでメモリを利用してよいかを決めておく必要があります。 もし、容量を越えてしまった場合は音声素材の圧縮設定の見直しやキューシートの内容の分割などを検討することで必要とするメモリ総量を削減します。

craftv2_tips_program_decide_cuesheet_size00.png

インゲームプレビュー用キューシートバイナリの容量を決める

craftv2_tips_program_decide_cuesheet_size01.png

インゲームプレビュー用のキューシートバイナリに付加される編集用の容量は、初期状態ではパディング方式になっていて実ファイルサイズ+パディングサイズ(付加容量)となります。 インゲームプレビュー時に波形の追加や差し替えなどの容量が大きく変わる編集を行わない場合は、パディングサイズを小さくすることで生成されるファイルサイズを小さくすることができます。 また、一定容量を付加するパディング方式ではなく容量を固定で付加しバイナリを生成する固定サイズ方式で出力することもできます。


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.