特殊デバイス(リモコンスピーカー、マイク)

特殊なデバイスから出力する場合、プログラムでデバイス出力先を決めたり、複数デバイスに出力可能な場合はパラメーターパレットによる特殊な設定を追記する必要があります。 詳しくは機種別SDKのドキュメントを参照してください。

craftv2_tips_program_decide_specialdevice00.png

マイクデバイスの扱いについては、機種によりさまざまな条件があります。 詳しくは機種別SDKのドキュメントを参照してください。

craftv2_tips_program_decide_specialdevice01.png

一般のリリースには含まれていない音の処理を行うライブラリもあります。 一例ですが、マイク入力の音声を録音したり、リアルタイムにエンコードしたり、音声解析やタイムストレッチ、入力レベル補正や、音像を広げる効果などのさまざまな機能があります。 使用には制限や提供方法が異なるものが多く、希望の方は一度お問い合わせください。


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.