エフェクト

エフェクトのパラメーターを切り替える

プログラムからエフェクトパラメーターを直接操作することを検討する前に DSPバス設定の切替やスナップショットの切替で済ますことができないかを検討します。

エフェクトの切替は、現在のバスの設定からエフェクトのパラメーターを切り替えます。

craftv2_tips_program_doing_effect00.png

なお、この直接変更するケースでは、スナップショットの切替などとの併用は想定されていません。

ピッチシフター、タイムストレッチ

プログラムからのみ可能な処理として、ボイスプールに対して特殊なエフェクトを設定できます。

craftv2_tips_program_doing_effect01.png

振幅情報を得る

プログラムからのみ可能な処理として、ASR(アトムサウンドレンダラー)に対してバスアナライザーを設定できます。 これにより、ピークレベルやRMS値を各バスの各チャンネル分取得できます。

craftv2_tips_program_doing_effect02.png

ラウドネス情報を得る

プログラムからラウドネスをアタッチすることで確認できるようになります。

craftv2_tips_program_doing_effect05.png

フィルターコールバック

プログラムからバスに対して独自のエフェクト処理を行うことができます。

craftv2_tips_program_doing_effect03.png

ダウンミックス

プログラムから最終出力をダウンミックスするモードの設定を行うことができます。 基本的にはシステムに設定されている出力数に依存してダウンミックスされています。

craftv2_tips_program_doing_effect04.png

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.