プレーヤー

プログラムでプレーヤーを作成し、設定することで音が鳴ります。 再生中の音をコントロールする場合、プレーヤー単位でコントロールします。

データ作成時に、プレーヤー側で設定した方が楽なものもありますので、適宜利用を検討します。 例)距離減衰AISACなど。

一つのプレーヤーで複数の音を鳴らす

基本的にプレーヤーの設定に従い発音されます。 プレーヤーを作成し、何も設定しない場合、データ側の設定に従い再生が行われます。 また、プレーヤーに何か設定した場合でも同じ設定で再生しても問題ない音の場合はプレーヤー一つで十分です。

craftv2_tips_program_doing_player00.png

プレーヤーでパラメーターを変えて再生する

ボリュームをセットした場合、その後からスタートするキューに影響を与えます。
Updateをすることでそのプレーヤーで再生中の全ての音のパラメーターを変更します。

craftv2_tips_program_doing_player01.png

プレーヤーへのパラメーター指定のタイミングについて

SetCue,Startと再生をするのですが、基本的にStart前にパラメーターを設定する必要があります。
もしStart後にパラメーターをセットした場合、反映が遅れてしまう場合があります。
特にPrepare再生、シーケンス先読み指定(criAtomExPlayer_SetSequencePrepareTime)などは再生前でないと正しく動作しないため注意してください。

複数の音を個別にコントロールする

一つのプレーヤーで再生された音はプレイバックIDを利用してコントロールすることもできます。

craftv2_tips_program_doing_player02.png

同時に複数の音をコントロールする場合、その分のプレーヤーを用意した方が楽な場合もあります。

craftv2_tips_program_doing_player03.png

プレーヤーのAISACコントロール数の上限

AISACは一つのプレーヤーで最大8種類までしか同時にコントロールできません。AISACコントロールの領域が8個に制限されています。 大抵の場合は問題ないのですが、プレーヤーを使いまわすと枯渇してエラーが発生する場合があります。

craftv2_tips_program_doing_player04.png

プレーヤーのセレクター数の上限

セレクターは一つのプレーヤーで最大8種類までしか同時にコントロールできません。セレクターの領域が8個に制限されています。 大抵の場合は問題ないのですが、プレーヤーを使いまわすと枯渇してエラーが発生する場合があります。

craftv2_tips_program_doing_player05.png

プレーヤーのリセット

プレーヤーを初期状態に戻します。プレーヤーのAISACコントロールの値やセレクターの値もリセットされます。

craftv2_tips_program_doing_player06.png

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.