ツリーのバージョン管理メニュー

バージョン管理の基本操作

基本的なバージョン管理操作は、プロジェクトツリー、ワークユニットツリー、マテリアルツリーから行います。
プロジェクトツリー上でオブジェクトを選択し右クリックすると、[バージョン管理]メニューが表示されます。
[バージョン管理]メニューよりコマンドを実行し、ファイルのバージョン管理操作を行います。

craftv2_vcs_basicscr_mainscr.png

ステータスアイコン

プロジェクトツリー上のオブジェクトには、「 ステータスアイコン 」がオーバーレイ表示され、バージョン管理の状態を知ることができます。

[バージョン管理]メニュー

[バージョン管理]メニューからは以下のコマンドを実行することができます。

Subversionプラグイン使用時のメニュー
項目 説明
コミット 選択されているファイルの変更内容をバージョン管理システムに送信します。
ロック 他のユーザーにファイルを編集されないようロックします。
ロック解除 ファイルのロックを解除します。
追加 バージョン管理システムにファイルを追加します。コミットすることで実際にファイルがリポジトリに追加されます。
ステータスを更新 ファイルのバージョン管理ステータスを更新します。
ロックユーザーを表示 ファイルをロックしているユーザーを表示します。

覚え書き:
選択しているバージョン管理ツールによってメニュー構成が変わります。

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.