CRI File System

「CRI File System」は、ファイル圧縮・パッキングにより、ファイルアクセスの最適化を行う、弊社製ファイルシステムライブラリです。
CRI File Systemライブラリは「ファイルマジックPRO」のコンポーネントですが、CRI ADX2 SDKにも同梱されています。

CRI Atomライブラリは、CRI File Systemライブラリ上で動作することを前提に開発されています。

ストリーミング再生中にデータ読み込みを行う場合は、ストリーミング再生が途切れないようにデータを分割して読み込む必要があります。 CRI File System とCRI Atomの組み合わせにより、状況に応じてデータ流量が自動的に管理されるため、 アプリケーションがCRI File Systemを経由してデータを読み込む限り、データ流量を気にする必要がなくなります。

CRI File Systemは、サーバー処理関数(criFs_ExecuteMain関数)を毎V実行することで動作します。 実際の処理はスレッドフレームワークのモデルによって異なります。 例として、マルチスレッドフレームワークではメインスレッドよりも優先度の高いスレッドでファイルアクセス処理が行われます。

CRI AtomライブラリとCRI File SystemライブラリのAPIを併用する場合は、 マルチスレッドフレームワークであればどちらかのサーバー処理関数を毎V実行することで両方動作します。
その他のスレッドフレームワークモデルについては、「 スレッドについて 」を参照してください。


Next:チュートリアル

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.