サンプルの実行に必要なファイル

サンプルのビルドに必要なファイルは、チュートリアルのビルドとほぼ同じです。違いは、CRI Frameworkライブラリを使用する点です。
CRI Frameworkライブラリファイル
ファイル名 説明
cri_framework.h CRI Frameworkヘッダーファイル。ヘッダーファイルのディレクトリに存在する。
cri_framework_pcx86.lib CRI Frameworkライブラリファイル。 ヘッダーファイルのディレクトリに存在する。
(*D.libはデバッグ版ライブラリ)

CRI Frameworkライブラリは、アプリケーション一般で使用する機能を共通API化し、 サンプルソースコードの見通しを良くするために使用しています。
注意:
サンプルの見通しを良くするためのライブラリなので、実際のアプリケーションでは使用しないでください。

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.