バイクアッドフィルター

criatom_tools_atomcraft_biquad_filter.png

バイクアッドフィルターを使用すると周波数レベルで音の加工が行えます。
ローパスは低い周波数のみ、ハイパスは高い周波数のみ、ノッチは指定した周波数周辺以外を通すフィルターです。
ローシェルフ、ハイシェルフ、ピーキングEQはそれぞれ低い、高い、中心の周辺音量をゲインで調節します。
ゲインを下げると篭らせた音になり、あげるとラウドな音に変化します。
それぞれQを調節することで、指定周波数の周辺を強調した音に変化させることができます。

バイクアッドフィルターの設定項目
項目 値の範囲 説明
タイプ オフ/ローパス/ハイパス/ノッチ/
ローシェルフ/ハイシェルフ/ピーキング
バイクアッドフィルターのタイプ
カットオフ 0.0(24Hz)〜1.0(24kHz) カットオフ周波数を指定します。
Q 0.1〜10.0 クオリティファクタの設定です。
0.7以上にすると発振状態になり音量が大きくなる場合があります。
ゲイン 0.0〜5.0 音量の設定です。
ローシェルフ、ハイシェルフ、ピーキングEQ選択時のみ利用される設定です。

バイクアッドフィルターのタイプ
項目 説明
ローパス 低い周波数のみを通します。
ハイパス 高い周波数のみを通します。
ノッチ 指定した周波数周辺以外を通します。
ローシェルフ 低い周波数の音量をゲインで調節します。
ハイシェルフ 高い周波数の音量をゲインで調節します。
ピーキングEQ 指定した周波数を中心に、周囲の周波数の音量をゲインで調節します。


ウェーブフォームリージョン単位でのフィルター指定

criatom_tools_atomcraft_filter_on_waveform.png

フィルターは主にトラック単位で指定しますが、ウェーブフォームリージョン単位でも設定を行うことが可能です。
ウェーブフォームリージョン単位で設定するにはウェーブフォームリージョンの[トラックのフィルター設定を参照]チェックボックスをオフにして設定を行ってください。
この場合、トラックの設定は無効となりウェーブフォームリージョン側のフィルター設定が有効になります。


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.