プライベートキューの作成

プライベートキュー作成

ツリーのキューシートもしくはキューフォルダーを右クリックして表示されるコンテキストメニューから「プライベートキューフォルダー」を作成することができます。
アクションキューなどの利用時に、アクションが参照するキューをこのフォルダー内に配置することで、プログラムから直接呼び出したくないキューを作ることができます。

注意:
プライベートキューの情報はアプリケーション側から取得することが出来ます。
プライベートキューによって埋め込まれる情報は「このキューを隠したい」というフラグ情報でしかありません。
そのため、アプリケーション側でこのフラグを使用していない場合は、プライベートキューを直接再生するといった操作が出来てしまいます。
criatom_tools_atomcraft_cue_private00.png

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.