バスとカテゴリの違い

バスとカテゴリの違い
項目 バス カテゴリ
ミキシング 信号レベル パラメーターレベル
エフェクト DSPエフェクト パラメーターレベル
AISACの適用 なし あり
リミット処理 DSPエフェクトで信号レベル キューの再生数でリミット
REACT なし あり
ボリューム調整 バス単位 カテゴリ単位
スナップショット あり なし

音量を変更する

バスでは信号レベルで波形をミキシングします。
カテゴリではボリュームパラメーターとしての調整を行います。

ダッキング処理、リミット処理

バスでは何音鳴ったかはわかりません。音量を解析し、コンプレッサーをかけるといったことは可能です。

カテゴリでは発音しているキューの数が分かるのでリミット処理が行えます。
どのカテゴリでどれだけ再生されているかがわかるため、REACTも行えます。

エフェクト

AISACによってパラメーターをオートモジュレーションするといった場合はカテゴリやキューの側のエフェクトとして扱えます。
DSPのエフェクトを行う場合はバスに一度送る必要があります。


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.