コンプレッサー

概要

コンプレッサーは、音圧を制御します。

チャンネル数

特徴

コンプレッサーの設定項目
項目 説明 初期値 下限 上限
スレッショルドRMS 平均音量(RMS)がこのレベルを超えるとコンプが発動します。 -12.50 dB -96.00 dB 0.00 dB
圧縮比 圧縮比(レシオ)です。 1.50 1.00 10000.00 (∞)
アタックタイム 効果が最大になるまでにかかる時間。 10.00 msec 0.00 msec 3000.00 msec
リリースタイム 効果が消えるまでにかかる時間。 48.00 msec 0.00 msec 50000.00 msec
ゲイン コンプ後の出力レベルになります。 4.00 dB -96.00 dB 48.00 dB
サラウンドリンク サラウンド間のコンプの影響度を調整します。
1.0でサラウンド間のばらつきが軽減されます。
0.0で各チャンネルが独立して動作します。
0.00 0.00 1.00
サイドチェイン入力バス 他のバスに設定した「振幅解析器」の信号レベルに応じてコンプレッサーが機能します。
「なし」の状態での場合は直前のエフェクト結果の入力信号レベルに応じます。
なし    
EQモード EQタイプ EQのタイプ。 オフ    
EQモード 周波数 EQの周波数。 8000Hz 0Hz 24000Hz
EQモード Q値 EQのQ値。 0.60 0.1 10.0


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.