グラフカーブの仕様

グラフカーブは、種類と強さによって定義されます。

グラフカーブの種類

グラフカーブの種類は、以下の5種類です。

種類 性質
直線 常に変化率が一定となる曲線。(直線)
低速変化 緩やかに変化を開始し、終了時に最も変化率が大きくなる曲線。
変化が開始してから終了するまでに、値の変化率が徐々に増加する曲線。
高速変化 急速に変化を開始し、終了時に最も変化率が小さくなる曲線。
変化が開始してから終了するまでに、値の変化率が徐々に減少する曲線。
S字曲線 変化の開始と終了が緩やかで、中間時点での変化率が最も大きくなる曲線。
中間時点を境にして、値の変化率を折り返した曲線。
逆S字曲線 変化の開始と終了が急速で、中間時点での変化率が最も小さくなる曲線。
中間時点を境にして、値の変化率を折り返した曲線。

グラフカーブの強さ

グラフカーブの強さは、曲がり方の強さ(変化の極端さ)を指定するパラメーターで、直線以外のグラフカーブについて有効です。
値域は0以上2以下で、基準値は1です。
強さを小さくすると、グラフカーブは直線に近づきます。
強さを大きくすると、グラフカーブはより特徴的な変化をする曲線になります。

強さが1以上のとき、グラフカーブは以下の性質を持ちます。

種類 強さが1以上のときの性質
低速変化 変化開始時の変化率が0。なめらかに変化を開始する。
高速変化 変化終了時の変化率が0。なめらかに変化を終了する。
S字曲線 変化開始時と終了時の変化率が0。なめらかに変化を開始・終了をする。
逆S字曲線 変化中間時点での変化率が0。
(注意)セレクターによるトラック遷移タイプのキューでトラック遷移を行うときの音量変化曲線では、強さを指定することは出来ません。(常に1となります。)

グラフカーブの概形

強さが1, 2のときのグラフカーブの概形は以下のとおりです。 横軸は時刻やAISACコントロール値などで、縦軸は対象となるパラメーターの値(ボリュームなど)です。

criatom_tools_atomcraft_graphcurve_1_0.png

強さが1のときのグラフカーブの概形

criatom_tools_atomcraft_graphcurve_2_0.png

強さが2のときのグラフカーブの概形


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.