マテリアルの作成

マテリアルの作成方法は以下の通りです。

マテリアルの登録
操作 説明
マテリアルフォルダーへ波形ファイルをFinder(Windowsではエクスプローラー)からドロップ 対象のファイルをマテリアルとして登録します。
マテリアルフォルダーの右クリックメニュー[マテリアルファイルの追加 ...] ファイル選択ダイアログを開き、選択したファイルをマテリアルとして登録します。

criatom_tools_atomcraft_dragdrop1.png

マテリアルに使用する波形ファイルはMaterialsフォルダーへ複製されます

指定した波形ファイルは、ワークユニットが参照するマテリアルルートパス下に複製されます。
複製されたファイルを音声素材と呼びます。
マテリアルルートパス下のファイルを指定した場合は、それを音声素材と認識し、複製は行われません。
マテリアルルートパスはプロジェクト管理の場合、プロジェクトの直下のMaterialsフォルダーになり、ワークユニット個別管理の時はWorkUnitファイル直下のMaterialsフォルダーを参照します。

登録された音声素材はマテリアルオブジェクトとして取り扱われます。
マテリアルは、コピーされた波形ファイル情報とエンコード設定やループ設定情報を持つオブジェクトです。

読み込まれていない波形ファイルを自動的に読み込む。

Finder(Windowsではエクスプローラー)上でMaterialsフォルダーに波形ファイルを直接コピーした場合、ツール上で波形ファイルを読み込んでいません。
この場合は該当するマテリアルフォルダーを右クリックし「未登録ファイルの登録」を選択してください。
これによりツールが認識していないファイルを自動的に登録します。


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.