外部ツールでの波形編集時の注意

CRI Atom Craftでは大量の波形を効率よく扱うため音声素材のエンコード結果を中間ファイル(キャッシュファイル)として生成しビルド処理等で使用します。
登録済み音声素材を外部ツールで直接加工した場合、その加工内容の反映をツールに対して行い、情報の更新や中間ファイルの再生成を行う必要があります。
外部ツールでの加工後、音声素材を使用したキューのプレビューやキューシートのビルド処理を行うことで、自動的にツールへの更新処理が行われますが、即座に情報を更新したい場合は「ローカルファイルの同期」処理を行ってください。
「ローカルファイルの同期」は、マテリアルツリー上でマテリアルを選択し、右クリックメニューにある「ローカルファイルの同期」を選択、実行することで行われます。

criatom_tools_atomcraft_materialsync.png

[注意]


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.