セッションウィンドウ

# セッションウィンドウ セッションウィンドウでは、以下の操作をツール上で行うことができます。

セッションウィンドウによるプレビューの優位性

通常のプレビューではプレーヤー間の再生のために「単一プレーヤープレビュー」をチェックすることで可能ですが、複数のプレーヤー間での動作のチェックができません。

セッションウィンドウでは複数のプレーヤーに対して、 ランタイムライブラリにより近い状態での操作をすることができるため、 より細かいプレビューによるデータの動作チェックが可能となります。

プレーヤー

プレーヤーとは、プログラムでキューをセットし、再生をするオブジェクトです。
他にもさまざまなサウンド設定やAISACコントロールなどの設定を行うことができます。

セッションウィンドウではプログラムで扱う「プレーヤー」に対してのさまざまな再生設定を試すことができます。

# プレビュー方法 プレーヤーにプレビューしたいキューをドロップして追加することで、プレビューができます。

プレーヤーを複数用意し、それぞれをウィンドウ化してプレビューが可能です。

# 各ビューの説明

シーンビュー

セッションの設定状態をシーンとして保存、再読み込み、切り替えができます。

シーンのボタン

criatom_tools_atomcraft_session_00.png

項目 説明
シーンのメニュー| シーンを切り替えます。
前へ、次へ| シーンを切り替えます。
保存| 現在のシーンの状態を保存します。
リセット| 現在のシーンをリセットします。キューのリストは残ります。
初期化| 現在のシーンを初期化します。キューのリストも削除されます。
再読み込み 最後に保存したシーンの状態に戻します。
ビューボタン 各ビューの表示/非表示を変更します。

シーンのメニュー

criatom_tools_atomcraft_session_01.png

項目 説明
シーン名 シーンの切り替え。切り替え時に現状が自動保存されます。
複製して保存 現在のシーンを元に、シーンを新たに作成して保存します。
名前変更 現在のシーンの名前を変更します。
削除 現在のシーンを削除します。
初期状態に戻す すべてのシーンを削除して初期状態に戻します。
セッションフォルダーを開く セッション情報が保存されているフォルダーを表示します。

DSPバス設定

criatom_tools_atomcraft_session_02.png

DSPバス設定、スナップショットの切り替えができます。 スナップショットの切り替え時間を指定できます。 ※チェックを外すとリセットが行われます。

ゲーム変数

criatom_tools_atomcraft_session_03.png
ゲーム変数を変更できます。 ※チェックを外すとリセットが行われます。

カテゴリ

criatom_tools_atomcraft_session_04.png

カテゴリボリュームの停止と、カテゴリボリュームの変更ができます。 ※チェックを外すとリセットが行われます。

criatom_tools_atomcraft_session_05.png

カテゴリにAISACがある場合AISACを変更することができます。

3Dポジショニング

ドラッグにより、ソース、リスナーの3Dを変更してプレビューができます。 最後に再生したキューの情報が表示されます。

criatom_tools_atomcraft_session_06.png

対象の再生が必要 起動直後は何も再生していないためコントロールできません。

criatom_tools_atomcraft_session_07.png

3Dの設定(パンタイプが3Dでない場合など)の時は「3D未使用」と表示されて、コントロールできません。

また、「プレーヤーに3Dオブジェクトをアタッチ」のチェックが外れている場合も3Dのプレビューは行えません。

criatom_tools_atomcraft_session_08.png
3Dの設定が行われているキューであれば、表示が可能です。

criatom_tools_atomcraft_session_09.png
「操作ターゲット」をリスナーにすることで、リスナー位置を変更できます。

criatom_tools_atomcraft_session_10.png
左側の「3Dビュー」でドラッグすることでターゲットの位置を変更できます。 ホイール操作で表示範囲の拡大縮小ができます。 オプション(Windowsではalt)キー+ドラッグで視点を変更できます。

プレーヤーリスト

criatom_tools_atomcraft_session_11.png
プレーヤーに対しての停止処理、ボリューム変更、3Dフラグ、フェーダー設定が行えます。

プレーヤーの追加 追加ボタンを押すとプレーヤーを追加します。
16個まで追加できます。

プレーヤーの削除 選択中のプレーヤーを削除します。
最低1個必要です。

プレーヤー

criatom_tools_atomcraft_session_12.png
プレーヤーの停止、リセット、各ビューの表示切り替えができます。

このビューは配置の変更やウィンドウ化することができます。

リセットについて プレーヤーパラメーター

キュー

キューの追加 ワークユニットツリーからキューをドラッグ&ドロップすることで追加できます。
キューフォルダーやキューシートをドロップすると中のキュー全てを追加します。
(プレーヤー1つに200まで登録できます)

キュー個別の再生・停止 キューのトランスポートの操作でキュー単位での再生/停止/ポーズができます。
ランタイム的にはplaybackIDを使用した操作になります。

停止動作は状態により変化します。

キューの削除

criatom_tools_atomcraft_session_13.png
右クリックで選択中のキューを削除できます。

再生キューのハイライト トランスポートの再生ボタンは再生中にハイライトします。

criatom_tools_atomcraft_session_14.png

キューの移動 「上へ」ボタンを押すことで位置を変更できます。

criatom_tools_atomcraft_session_15.png

ショートカットキーによる再生 「ショートカット」の列にある文字のキーで再生ができます。 このウィンドウにフォーカスがある時にのみ機能します。

criatom_tools_atomcraft_session_16.png

AISACコントロール

AISACコントロールの変更ができます。

AISACコントロールの表示する項目について 全て

criatom_tools_atomcraft_session_17.png
※チェックを外すとリセットが行われます。

セレクター

セレクターラベルを変更できます。

criatom_tools_atomcraft_session_18.png
※チェックを外すとリセットが行われます。

ブロック

criatom_tools_atomcraft_session_19.png
ブロックの切り替えができます。 選択中のキューで利用可能なブロックのみ表示します。
CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.