タイムラインビューアー

タイムラインビューアーは、横軸を時刻、縦軸をキュー名またはプレイヤーハンドルとして、キューやボイスの再生状況を一覧するビューアーです。
また、エラーや発音数制御が発生した状況も、時系列的に確認することができます。

criatom_tools_profiler_tl_whole.png

表示されるバーについて

AtomCraft連携

タイムラインに表示されているキューをCommand+クリック(WindowsではCtrl+クリック)することで、AtomCraft側で該当するキューを表示します。
読み込まれているACBを作成したキューシートが見つからない場合や、クリックしたキューが見つからない場合は何も起こりません。

AISACコントロールの表示

トラックをプレイヤーハンドルで表示している場合のみ、バーの上にAISACコントロール値が表示されます。
この表示はAISACコントロール値の設定、または更新が行われた時のみ表示されます。

表示されるフラグについて

エラーや発音数制御が発生したことを示すログは、タイムラインビューアー上部に旗のマークで表示されます。
キューやボイスのバーと同様に、クリックすることでアイテムの詳細を詳細ログビューアーから確認することができます。
表示されるフラグは下記の通りです。

フラグの一覧

画面表示 ログの種類 説明
赤色の旗に「E」 エラー エラーが発生したことを示します。
灰色の旗に「L」 シーケンスリミット キューの呼ぶシーケンスに対し、シーケンス数制御が発生したことを示します。
キューもしくはカテゴリに設定された上限シーケンス数を超えたときに発生します。
灰色の旗に「V」 ボイスリミット 発音ボイス数の制御が発生したことを示します。
ボイスリミットグループもしくはボイスプールに設定された上限ボイス数を超えたときに発生します。
黄緑色の旗に「U」 ユーザーログ ユーザー指定のログを受信したことを示します。

リスト表示について

タイムラインビューアー左上にリスト表示ボタンがあります。

criatom_tools_profiler_pfm_val_i.png

これを押すと、選択した時刻上にあるキューなどの一覧がリスト表示されます。

criatom_tools_profiler_tl_list.png

表示設定について

タイムラインビューアー左上にある設定ボタンを押すと、タイムラインビューアーの表示設定をするフォームが表示されます。

criatom_tools_profiler_tl_settings.png

設定できる項目は下記のとおりです。

タイムラインの設定

設定項目 説明
トラックの種類 バーをまとめるトラックを、キューとプレイヤーハンドルのどちらにするかを指定します。
更新のあったトラックを
自動的に上部に移動する
無効の場合は、トラックはログが来た順番に並びます。
有効にした場合は、トラックは最後に来たログが上部に表示されるように、自動的にソートされます。
AISACコントロール プレイヤーにAISACコントロールの値が設定されたとき、それを表示するかどうか、表示する場合はその色を指定します。
トラックの種類をプレイヤーにしている場合にのみ、本設定が使用されます。

トラックの種類を切り替えると、以下のように表示内容が変わります。

criatom_tools_profiler_tl_track_cue.png
(キューを指定した場合。)

criatom_tools_profiler_tl_track_player.png
(プレイヤーハンドルを指定した場合。上から3つ目のトラックに表示されている紫の線がAISACコントロール値の表示になります。)

タイムライン リスト表示の設定

設定項目 説明
キューリスト表示順序 タイムラインのリスト表示におけるキューの表示順を指定します。
キューシートリスト標準リスト タイムラインのリスト表示におけるキューシートの表示順を指定します。

ボイス音量ログについて

プロファイラー記録設定で「ボイス音量を取得する」を有効にしている場合、水色のボイスバーを選択したとき、その音量が表示されます。
(プロファイラー記録設定はキャプチャメニューの「設定...」から行います。)

criatom_tools_profiler_tl_voice_volume.png

「ボイス詳細」は、ヘッダー(「ボイス詳細」と書かれた部分)をダブルクリックすることで開閉されます。

表示の拡縮・上下スクロール

表示の拡縮は、ボタンもしくはマウスホイール操作から行います。
詳しくはプロファイラーのビューアー を参照してください。


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.