REACTの設定項目

項目 説明
変化カテゴリ パラメーターの変化を行うカテゴリを設定できます。
トリガーカテゴリ REACTが動作するきっかけとなるカテゴリを設定できます。このカテゴリのキューを再生すると、変化カテゴリのキューが影響を受けます。
REACTタイプ ダッカー : ボリュームまたはAISACコントロール値を変化値まで下げる効果があります。
AISACモジュレーショントリガー : トリガの再生・停止でAISACワンショットで動作させます。
REACTタイプがダッカー時とAISACモジュレーショントリガー時では設定できる内容が異なります。

REACTタイプがダッカー時の項目

項目 説明
変化時間 変化にかかる時間です。
変化カーブタイプ 値が変化するときの曲線の種類。詳細は「 グラフカーブ 」を参照してください。
変化カーブの強さ 値が変化するときの曲線の強さ。
ホールドタイプ 変化するパラメーター値を維持する時間タイプ。
再生中:トリガー対象が再生している間のみ変化するパラメーター値を維持します。
固定時間:ホールド時間で指定した時間分、変化するパラメーター値を維持します。
ホールド時間 ホールドタイプが「固定時間」のときは、この時間だけ変化レベルが維持されます。
ホールドタイプが「再生中」の場合は、トリガ対象の再生が終了したあと、この時間だけ変化レベルが維持されます。
戻り時間 変化のかかった状態から戻るまでの時間です。
戻りカーブタイプ 値が戻るときの曲線の種類。詳細は「 グラフカーブ 」を参照してください。
戻りカーブの強さ 値が戻るときの曲線の強さ。
変化パラメーター どのパラメーターを変化させるかを指定します。
ボリュームレベル:変化カテゴリのキューのボリュームが変化します。
AISACコントロール:カテゴリ、キューに付随するAISACコントロール値が変化します。
変化レベル値 変化パラメーターの最下限値になります。
ポーズ中のキューも含む トリガーカテゴリのキューがポーズ中でもトリガーするかどうかのフラグ。

REACTタイプがAISACモジュレーショントリガー時の項目

項目 説明
変化モジュレーションキー 変化発生のトリガーとなるAISACモジュレーションキー値。
戻りモジュレーションキー 戻りのトリガーとなるAISACモジュレーションキー値
ポーズ中のキューも含む トリガーカテゴリのキューがポーズ中でもトリガーするかどうかのフラグ。


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.