ウェーブフォーム登録時のシーケンスマーカー自動生成設定

ウェーブフォーム登録時のシーケンスマーカー自動生成設定ダイアログは、波形ファイルに埋め込まれた情報の解釈方法を設定するダイアログです。

criatom_tools_atomcraft_marker_setting_dialogue.png

マーカータイプ

波形ファイルのマーカーの文字列に特定の文字が含まれるとき、シーケンスにウェーブフォームを登録したときにシーケンスマーカーが生成されます。

イベントの一覧
イベント 説明
ループ開始 シーケンスループ開始マーカーと認識するための文字列を指定します。
ループ終了 シーケンスループ終了マーカーと認識するための文字列を指定します。
シーケンス開始 シーケンス開始マーカーと認識するための文字列を指定します。
シーケンス停止 シーケンス停止マーカーと認識するための文字列を指定します。
コールバック コールバックマーカーと認識するための文字列を指定します。

オプション

オプションは、シーケンスマーカーを作成するときにマーカー固有の設定をする場合に指定します。
オプションをマーカーに記述する場合は、スペース区切りで記述します。

オプションの一覧
オプション 説明
マーカー名 CRI Atom Craft上で識別する文字列です。
バイナリには含まれません。
ループ回数 ループ回数を指定してマーカーを作成するオプションです。
マーカーID
マーカータグ
コールバックマーカーにマーカーIDやマーカータグを設定するときのオプションです。

設定例

シーケンスループマーカーを追加したい場合
波形編集ソフトで、マーカーを作成し、ラベル名に ``` LOOPSTART LOOPS=3 ``` と ``` LOOPEND ``` の2つのマーカーを用意します。

コールバックマーカーを追加したい場合
``` CALLBACK NAME=callback1 ID=10 TAG=BGM ``` といったマーカーを用意します。
CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.