入出力するデータファイル

CRI Atom Encoderは、音声ファイルを入力として、AWBファイル、ACBファイルを出力します。

criatom_tools_criatomenc_dataflow.png

音声素材の入力

入力可能な音声データの形式は、以下のとおりです。

入力可能な音声データの形式
名称|データの形式
フォーマット 非圧縮の WAVE または AIFF
チャンネル数 モノラル または ステレオ
量子化ビット数 8bit, 16bit, 24bit
サンプリング周波数 8kHz 〜 48kHz

出力ファイル

本ツールから出力される音声関連ファイルは、以下の2種類です。
これらのファイルはランタイムライブラリ利用時に、音声を再生するために使用されます。

CRI Atom Encoderは、登録した音声データを最適なサンプリング周波数にリサンプリングし、指定されたコーデック(ADX/HCA)へとエンコードします。
エンコード結果は最終的に1つのファイルにパッキングされ、AWBファイルとして出力されます。
この際、ランタイム再生時に必要となる情報も、C言語用ヘッダーファイル(*.h)として出力します。


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.