プラットフォーム個別の初期化パラメータの設定方法

Configファイルの構成について

Unreal EngineではEngineの初期化時に、エディタやランタイムなどで使用する初期化パラメータをConfigファイルから読み込みます。
Configファイルの仕組みについては次に示すUnreal Engineのドキュメントに記載されていますのでご確認ください。
CRIWAREプラグインではUnreal Engineドキュメントのファイルの階層で上げられているConfigファイルのうち次のものを使用して初期化パラメータを保存しています。
  • [ProjectDirectory]/Config/DefaultEngine.ini
  • [ProjectDirectory]/Config/[Platform]/[Platform]Engine.ini
CRIWAREで使用するConfigファイルの詳細については次の通りです。

DefaultEngine.ini

DefaultEngine.iniには、全てのプラットフォームに適用される初期化パラメータを記述します。
DefaultEngine.iniは「[プロジェクト名]/Config/」フォルダに配置されています。

[プラットフォーム名]Engine.ini

[プラットフォーム名]Engine.iniには、プラットフォームごとに個別に設定したいパラメータを記述できます。
[プラットフォーム名]Engine.iniファイルが存在しない場合、DefaultEngine.iniのパラメータが適用されます。
[プラットフォーム名]Engine.iniは「 /[プロジェクト名]/Config/プラットフォーム名 」フォルダに配置する必要があります。
補足:
[プラットフォーム名]Engine.iniはプロジェクト設定画面から編集することができないため、作成した場合は「プラットフォーム個別の初期化パラメータの設定方法 」を参考にConfigファイルの更新を行ってください。
注意
DefaultEngine.iniと[プラットフォーム名]Engine.iniの設定が重複している場合、[プラットフォーム名]Engine.iniの設定が優先されることに注意してください。

プラットフォーム個別に初期化パラメータを設定する方法

プラットフォーム個別の初期化パラメータを設定するには次の手順に従って[Platform]Engine.iniを作成してください。
  1. プロジェクト設定画面のCRIWARE設定画面を開き初期化パラメータを編集する。
    criware_ue4_100_projectsettings_no_parameter_changing.png
  2. 編集が終わったらプロジェクト設定画面右上に表示されている[エクスポート]ボタンを押して、エクスポート詳細設定画面を開く。
    criware_ue4_100_projectsettings_export_button.png
  3. [ProjectDir]/Config/に移動し、保存したいプラットフォーム名のフォルダを作成する。
    criware_ue4_100_projectsettings_exportsettings.png
  4. [ProjectDir]/Config/[Platform]/に移動し、ファイル名を[Platform]Engine.iniとして[保存]ボタンを押す。
    criware_ue4_100_projectsettings_exportsettings_save.png
≪例≫
PS4向けにパラメータを設定したい場合は[ProjectDir]/Config/PS4/PS4Engine.iniにパラメータを保存してください。