CRIWARE Unity Plugin Manual  Last Updated: 2022-08-24
従来の利用方法からの移行時の注意点
CRI Assetsを利用せずにADXを利用する場合と比較して、大きく異なる点がいくつかあります。

データを配置するフォルダ

CRI Assetsを利用する場合、.acfや.acb等のデータは"StreamingAssets"以外のフォルダに配置してください。

"StreamingAssets"フォルダはUnityによるインポート処理が行われない特殊なフォルダです。
従来の利用方法ではCRIWARE向けファイルをそのままアプリケーションに含めるために、StreamingAssetsフォルダへ配置していました。
一方でAsset Support Add-onをご利用頂く場合は、CRIWARE向けファイルをアセットに変換するために、インポート処理が適用されるディレクトリに配置する必要があります。

各コンポーネントの対応

CRI Assetsを利用する場合、不要になるコンポーネントがいくつかあります。
また、利用しなくなったコンポーネントに代わって同等の機能を持ったコンポーネントがCRI Assets向けに追加されています。
利用しなくなったコンポーネント 追加されたコンポーネント
CriAtom CriAtomAssets
CriAtomSource CriAtomSourceForAsset
追加されたコンポーネントはいずれも利用することが必須ではありません。
従来はキュー再生を行うためには CriAtom コンポーネントをシーン内に配置する必要がありましたが、 CriAtomAssets はACF/ACBのロード行うのみの補助機能となっております。
データのロード 」も合わせてご参照ください。