Static Public メソッド | プロパティ
クラス CriAtom

サウンド再生全体を制御するためのコンポーネントです。 [詳細]

すべてのメンバ一覧

Static Public メソッド

static void AttachDspBusSetting (string settingName)
 DSPバス設定のアタッチ
static void DetachDspBusSetting ()
 DSPバス設定のデタッチ
static CriAtomCueSheet GetCueSheet (string name)
 キューシートの取得
static CriAtomCueSheet AddCueSheet (string name, string acbFile, string awbFile, CriFsBinder binder=null)
 キューシートの追加
static CriAtomCueSheet AddCueSheetAsync (string name, string acbFile, string awbFile, CriFsBinder binder=null, bool loadAwbOnMemory=false)
 非同期でのキューシートの追加
static CriAtomCueSheet AddCueSheet (string name, byte[] acbData, string awbFile, CriFsBinder awbBinder=null)
 キューシートの追加(メモリからの読み込み)
static CriAtomCueSheet AddCueSheetAsync (string name, byte[] acbData, string awbFile, CriFsBinder awbBinder=null, bool loadAwbOnMemory=false)
 非同期でのキューシートの追加(メモリからの読み込み)
static void RemoveCueSheet (string name)
 キューシートの削除
static CriAtomExAcb GetAcb (string cueSheetName)
 ACBオブジェクトの取得
static void SetCategoryVolume (string name, float volume)
 カテゴリ名指定でカテゴリボリュームを設定します。
static void SetCategoryVolume (int id, float volume)
 カテゴリID指定でカテゴリボリュームを設定します。
static float GetCategoryVolume (string name)
 カテゴリ名指定でカテゴリボリュームを取得します。
static float GetCategoryVolume (int id)
 カテゴリID指定でカテゴリボリュームを取得します。
static void SetBusAnalyzer (string busName, bool sw)
 バス情報取得を有効にします。
static void SetBusAnalyzer (bool sw)
 全てのバス情報取得を有効にします。
static CriAtomExAsr.BusAnalyzerInfo GetBusAnalyzerInfo (string busName)
 バス情報を取得します。

プロパティ

static bool CueSheetsAreLoading [get]
 キューシートのロード完了チェック

説明

サウンド再生全体を制御するためのコンポーネントです。

説明:
各シーンにひとつ用意しておく必要があります。
UnityEditor上でCRI Atomウィンドウを使用して CriAtomSource を作成した場合、 「CRIWARE」という名前を持つオブジェクトとして自動的に作成されます。通常はユーザーが作成する必要はありません。

関数

static void AttachDspBusSetting ( string  settingName)
inlinestatic

DSPバス設定のアタッチ

引数:
settingNameDSPバス設定の名前
説明:
DSPバス設定からDSPバスを構築してサウンドレンダラにアタッチします。
現在設定中のDSPバス設定を切り替える場合は、一度デタッチしてから再アタッチしてください。
注意:
本関数は完了復帰型の関数です。
本関数を実行すると、しばらくの間Atomライブラリのサーバ処理がブロックされます。
音声再生中に本関数を実行すると、音途切れ等の不具合が発生する可能性があるため、 本関数の呼び出しはシーンの切り替わり等、負荷変動を許容できるタイミングで行ってください。
参照:
CriAtom::DetachDspBusSetting
static void DetachDspBusSetting ( )
inlinestatic

DSPバス設定のデタッチ

説明:
DSPバス設定をデタッチします。

注意:
本関数は完了復帰型の関数です。
本関数を実行すると、しばらくの間Atomライブラリのサーバ処理がブロックされます。
音声再生中に本関数を実行すると、音途切れ等の不具合が発生する可能性があるため、 本関数の呼び出しはシーンの切り替わり等、負荷変動を許容できるタイミングで行ってください。
参照:
CriAtom::DetachDspBusSetting
static CriAtomCueSheet GetCueSheet ( string  name)
inlinestatic

キューシートの取得

引数:
nameキューシート名
戻り値:
キューシートオブジェクト
説明:
引数に指定したキューシート名を元に登録済みのキューシートオブジェクトを取得します。
static CriAtomCueSheet AddCueSheet ( string  name,
string  acbFile,
string  awbFile,
CriFsBinder  binder = null 
)
inlinestatic

キューシートの追加

引数:
nameキューシート名
acbFileACBファイルパス
awbFileAWBファイルパス
binderバインダオブジェクト(オプション)
戻り値:
キューシートオブジェクト
説明:
引数に指定したファイルパス情報を元にキューシートの追加を行います。
同時に複数のキューシートを登録することが可能です。

各ファイルパスに対して相対パスを指定した場合は StreamingAssets フォルダからの相対でファイルをロードします。
絶対パス、あるいはURLを指定した場合には指定したパスでファイルをロードします。

CPKファイルにパッキングされたACBファイルとAWBファイルからキューシートを追加する場合は、 binder引数にCPKをバインドしたバインダを指定してください。
なお、バインダ機能はADX2LEではご利用になれません。
static CriAtomCueSheet AddCueSheetAsync ( string  name,
string  acbFile,
string  awbFile,
CriFsBinder  binder = null,
bool  loadAwbOnMemory = false 
)
inlinestatic

非同期でのキューシートの追加

引数:
nameキューシート名
acbFileACBファイルパス
awbFileAWBファイルパス
binderバインダオブジェクト(オプション)
loadAwbOnMemoryAWBファイルをメモリ上にロードするか(オプション)
戻り値:
キューシートオブジェクト
説明:
引数に指定したファイルパス情報を元に、非同期でキューシートの追加を行います。
同時に複数のキューシートを登録することが可能です。

各ファイルパスに対して相対パスを指定した場合は StreamingAssets フォルダからの相対でファイルをロードします。
絶対パス、あるいはURLを指定した場合には指定したパスでファイルをロードします。

CPKファイルにパッキングされたACBファイルとAWBファイルからキューシートを追加する場合は、 binder引数にCPKをバインドしたバインダを指定してください。
なお、バインダ機能はADX2LEではご利用になれません。

戻り値のキューシートオブジェクトの CriAtomCueSheet::isLoading メンバが True を返す間はロード中です。
必ず False を返すのを確認してからキューの再生等を行うようにしてください。

loadAwbOnMemory が False の場合、AWBファイルのヘッダ部分のみをメモリ上にロードしストリーム再生を行います。
loadAwbOnMemory を True に設定すると、AWBファイル全体をメモリ上にロードするため実質メモリ再生になります。
WebGL(Editor実行時)では内部都合上、 loadAwbOnMemory が強制的にTrueになります。
static CriAtomCueSheet AddCueSheet ( string  name,
byte[]  acbData,
string  awbFile,
CriFsBinder  awbBinder = null 
)
inlinestatic

キューシートの追加(メモリからの読み込み)

引数:
nameキューシート名
acbDataACBデータ
awbFileAWBファイルパス
awbBinderAWB用バインダオブジェクト(オプション)
戻り値:
キューシートオブジェクト
説明:
引数に指定したデータとファイルパス情報からキューシートの追加を行います。
同時に複数のキューシートを登録することが可能です。

ファイルパスに対して相対パスを指定した場合は StreamingAssets フォルダからの相対でファイルをロードします。
絶対パス、あるいはURLを指定した場合には指定したパスでファイルをロードします。

CPKファイルにパッキングされたAWBファイルからキューシートを追加する場合は、 awbBinder引数にCPKをバインドしたバインダを指定してください。
なお、バインダ機能はADX2LEではご利用になれません。
static CriAtomCueSheet AddCueSheetAsync ( string  name,
byte[]  acbData,
string  awbFile,
CriFsBinder  awbBinder = null,
bool  loadAwbOnMemory = false 
)
inlinestatic

非同期でのキューシートの追加(メモリからの読み込み)

引数:
nameキューシート名
acbDataACBデータ
awbFileAWBファイルパス
awbBinderAWB用バインダオブジェクト(オプション)
loadAwbOnMemoryAWBファイルをメモリ上にロードするか(オプション)
戻り値:
キューシートオブジェクト
説明:
引数に指定したデータとファイルパス情報からキューシートの追加を行います。
同時に複数のキューシートを登録することが可能です。

ファイルパスに対して相対パスを指定した場合は StreamingAssets フォルダからの相対でファイルをロードします。
絶対パス、あるいはURLを指定した場合には指定したパスでファイルをロードします。

CPKファイルにパッキングされたAWBファイルからキューシートを追加する場合は、 awbBinder引数にCPKをバインドしたバインダを指定してください。
なお、バインダ機能はADX2LEではご利用になれません。

戻り値のキューシートオブジェクトの CriAtomCueSheet::isLoading メンバが True を返す間はロード中です。
必ず False を返すのを確認してからキューの再生等を行うようにしてください。

loadAwbOnMemory が False の場合、AWBファイルのヘッダ部分のみをメモリ上にロードしストリーム再生を行います。
loadAwbOnMemory を True に設定すると、AWBファイル全体をメモリ上にロードするため実質メモリ再生になります。
WebGL(Editor実行時)では内部都合上、 loadAwbOnMemory が強制的にTrueになります。
static void RemoveCueSheet ( string  name)
inlinestatic

キューシートの削除

引数:
nameキューシート名
説明:
追加済みのキューシートを削除します。
static CriAtomExAcb GetAcb ( string  cueSheetName)
inlinestatic

ACBオブジェクトの取得

引数:
cueSheetNameキューシート名
戻り値:
ACBオブジェクト
説明:
指定したキューシートに対応するACBオブジェクトを取得します。
static void SetCategoryVolume ( string  name,
float  volume 
)
inlinestatic

カテゴリ名指定でカテゴリボリュームを設定します。

引数:
nameカテゴリ名
volumeボリューム
static void SetCategoryVolume ( int  id,
float  volume 
)
inlinestatic

カテゴリID指定でカテゴリボリュームを設定します。

引数:
idカテゴリID
volumeボリューム
static float GetCategoryVolume ( string  name)
inlinestatic

カテゴリ名指定でカテゴリボリュームを取得します。

引数:
nameカテゴリ名
戻り値:
ボリューム
static float GetCategoryVolume ( int  id)
inlinestatic

カテゴリID指定でカテゴリボリュームを取得します。

引数:
idカテゴリID
戻り値:
ボリューム
static void SetBusAnalyzer ( string  busName,
bool  sw 
)
inlinestatic

バス情報取得を有効にします。

引数:
busNameDSPバス名
swTrue: 取得を有効にする。 False: 取得を無効にする
static void SetBusAnalyzer ( bool  sw)
inlinestatic

全てのバス情報取得を有効にします。

引数:
swTrue: 取得を有効にする。 False: 取得を無効にする
static CriAtomExAsr.BusAnalyzerInfo GetBusAnalyzerInfo ( string  busName)
inlinestatic

バス情報を取得します。

引数:
busNameDSPバス名
戻り値:
DSPバス情報

プロパティ

bool CueSheetsAreLoading
staticget

キューシートのロード完了チェック

説明:
全てのキューシートのロード完了をチェックします。

CRI Middleware logo Copyright (c) 2012 CRI Middleware Co., Ltd. CRIWARE Unity Plug-inマニュアル 2021-02-05 更新