構成 | Public 型 | Public メソッド | Static Public メソッド
クラス CriAtomExVoicePool

ボイスプールの制御を行うためのクラスです。 [詳細]

CriAtomExVoicePoolに対する継承グラフ
CriAtomExRawPcmVoicePool CriAtomExStandardVoicePool CriAtomExWaveVoicePool

すべてのメンバ一覧

構成

struct  UsedVoicesInfo
 ボイスプールのボイス使用状況を表すための構造体 [詳細]

Public 型

enum  VoicePoolId {
  StandardMemory = StandardMemoryAsrVoicePoolId, StandardStreaming = StandardStreamingAsrVoicePoolId, StandardMemory = StandardMemoryNsrVoicePoolId, StandardStreaming = StandardStreamingNsrVoicePoolId,
  HcaMxMemory = 4, HcaMxStreaming = 5, LowLatencyMemory = StandardMemoryNsrVoicePoolId, LowLatencyStreaming = StandardStreamingNsrVoicePoolId
}
 プラグイン内部で生成するボイスプールへアクセスするためのID [詳細]
enum  PitchShifterMode
 ピッチシフタDSP動作モード [詳細]

Public メソッド

override void Dispose ()
 ボイスプールの破棄
UsedVoicesInfo GetNumUsedVoices ()
 ボイスプールのボイス使用状況取得
void AttachDspTimeStretch ()
 タイムストレッチDSPのアタッチ
void AttachDspPitchShifter (PitchShifterMode mode=PitchShifterMode.Music, int windosSize=1024, int overlapTimes=4)
 ピッチシフタDSPのアタッチ
void DetachDsp ()
 DSPのデタッチ

Static Public メソッド

static UsedVoicesInfo GetNumUsedVoices (VoicePoolId voicePoolId)
 ボイスプールのボイス使用状況取得

説明

ボイスプールの制御を行うためのクラスです。

説明:
ボイスプールの制御を行うためのクラスです。

列挙型

プラグイン内部で生成するボイスプールへアクセスするためのID

参照:
CriAtomExVoicePool.GetNumUsedVoices
列挙型の値:
StandardMemory 

機種標準のメモリ再生ボイスプールID

StandardStreaming 

機種標準のストリーミング再生ボイスプールID

StandardMemory 

機種標準のメモリ再生ボイスプールID

StandardStreaming 

機種標準のストリーミング再生ボイスプールID

HcaMxMemory 

HCA-MXメモリ再生ボイスプールID

HcaMxStreaming 

HCA-MXストリーミング再生ボイスプールID

LowLatencyMemory 

[Android] 低遅延メモリ再生ボイスプールID

LowLatencyStreaming 

[Android] 低遅延ストリーミング再生ボイスプールID

ピッチシフタDSP動作モード

説明:
ピッチシフトの処理方法(アルゴリズム)を指定します。
参照:
CriAtomExVoicePool.AttachDspPitchShifter, CriAtomExPlayer.SetDspParameter

関数

static UsedVoicesInfo GetNumUsedVoices ( VoicePoolId  voicePoolId)
inlinestatic

ボイスプールのボイス使用状況取得

引数:
voicePoolIdボイスプールのID
戻り値:
ボイス使用状況
説明:
指定されたボイスプールのボイス使用状況を取得します。
注意:
本関数はデバッグ目的でのみ使用してください。
参照:
CriAtomExVoicePool::VoicePoolId, CriAtomExVoicePool::UsedVoicesInfo
override void Dispose ( )
inline

ボイスプールの破棄

説明:
ボイスプールオブジェクトの破棄を行います。
作成したオブジェクトを本APIで破棄しない場合、リソースリークが発生しますので必ず破棄してください。
UsedVoicesInfo GetNumUsedVoices ( )
inline

ボイスプールのボイス使用状況取得

戻り値:
ボイス使用状況
説明:
ボイス使用状況を取得します。
注意:
本関数はデバッグ目的でのみ使用してください。
参照:
CriAtomExVoicePool::UsedVoicesInfo
void AttachDspTimeStretch ( )
inline

タイムストレッチDSPのアタッチ

説明:
ボイスプールにタイムストレッチDSPを追加します。
注意:
本関数は完了復帰型の関数です。
本関数を実行すると、しばらくの間Atomライブラリのサーバ処理がブロックされます。
音声再生中に本関数を実行すると、音途切れ等の不具合が発生する可能性があるため、 本関数の呼び出しは シーンの切り替わり等、負荷変動を許容できるタイミングで行ってください。
参照:
CriAtomExVoicePool::DetachInsertionDsp
void AttachDspPitchShifter ( PitchShifterMode  mode = PitchShifterMode.Music,
int  windosSize = 1024,
int  overlapTimes = 4 
)
inline

ピッチシフタDSPのアタッチ

引数:
modeピッチシフトモード
windosSizeウィンドウサイズ
overlapTimesオーバーラップ回数
説明:
ボイスプールにピッチシフタDSPを追加します。
注意:
本関数は完了復帰型の関数です。
本関数を実行すると、しばらくの間Atomライブラリのサーバ処理がブロックされます。
音声再生中に本関数を実行すると、音途切れ等の不具合が発生する可能性があるため、 本関数の呼び出しは シーンの切り替わり等、負荷変動を許容できるタイミングで行ってください。
参照:
CriAtomExVoicePool::DetachInsertionDsp
void DetachDsp ( )
inline

DSPのデタッチ

説明:
ボイスプールに追加したDSPを取り外します。
注意:
本関数は完了復帰型の関数です。
本関数を実行すると、しばらくの間Atomライブラリのサーバ処理がブロックされます。
音声再生中に本関数を実行すると、音途切れ等の不具合が発生する可能性があるため、 本関数の呼び出しは シーンの切り替わり等、負荷変動を許容できるタイミングで行ってください。
参照:
CriAtomExVoicePool::AttachDspPitchShifter, CriAtomExVoicePool::AttachDspTimeStretch

CRI Middleware logo Copyright (c) 2012 CRI Middleware Co., Ltd. CRIWARE Unity Plug-inマニュアル 2021-02-05 更新