CriAtomAwbについて

CriAtomAwbは、AWBファイルへアクセスするためのモジュールです。
CRI Atomツールで作成されたAWBファイルを再生する場合、CriAtomAwbを介してCriAtomPlayerに音声データを指定します。

AWBファイル内の音声データの再生

AWBファイル内の音声データを再生する場合、操作手順は以下のようになります。
  1. criAtomAwb_LoadToc関数を使用し、AWBファイルのTOC情報をロードする。
  2. criAtomPlayer_SetWaveId関数を使用し、Atomプレーヤに対して再生する音声データのIDをセットする。
  3. criAtomPlayer_Start関数で再生を開始する。
criAtomAwb_LoadToc関数を使用することで、AWBファイルの"TOC情報"がシステムメモリ上にロードされます。
TOC情報には、AWBファイル内の各コンテンツの配置情報(どの位置から何バイトか)が記録されています。
TOC情報をロードすることにより、AtomプレーヤはAWBファイル内の任意のコンテンツをロードして再生することが可能になります。
AWBファイル内の音声データを再生する際の動作イメージは以下のようになります。
criatom_behavior_model.png

AWBファイルからの音声再生


Next:CriAtomHcaMxについて

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.