ビート同期

「ビート同期機能」は、テンポや変化するビートの周期に合わせて、楽曲の再生中に別の楽曲に遷移させたり、
再生途中にボリュームなどを変化させるとき、ビートに同期した変化を行うことが出来ます。
ビート同期機能を利用するには、アクション機能を介して、再生やパラメーター変更を行う必要があります。

ビートに同期する演出

ビートのマスターとなる音声素材について

ビート同期では、マスターとなる音声素材が必要です。
アクションの同期の場合、キューの再生アクションであれば、プレーヤーで再生中のビート同期のあるキューに依存してアクションが行われます。
「セレクターによるトラック遷移」の場合は、再生中のトラックの再生情報に依存します。
同期するために音声素材の再生の情報を利用しているため、ピッチを変更するとビートの同期も変化します。

criatom_tools_atomcraft_beatsync.png


CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.