エフェクトのバイパス

エフェクトはバイパス(エフェクト処理をせずそのまま出力)することが可能です。エフェクトを選択した際に表示されるインスペクターから変更することが可能です。
バイパスを設定してもエフェクトのメモリ関連のリソースは使用した状態になります。
バイパスの状態はプログラムからもコントロール可能です。

覚え書き:
エフェクトのバイパスはDSPバス設定スナップショット 間で共通の値が使用されます。
スナップショットごとにバイパスの状態を記憶させることは出来ません。
criatom_tools_atomcraft_dsp_bypass.png

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.