ストリーミングタイプ

音声素材の再生方法(メモリ再生かストリーミング再生か)をストリーミングタイプ項目で設定することができます。
ストリーミングタイプ項目はマテリアル、マテリアルフォルダー、ターゲットコンフィグ にあり、マテリアル自身の設定が最も優先されます。

ストリーミングタイプの一覧は以下の通りです。

ストリーミングタイプ 説明
デフォルト デフォルトの設定です。上位のマテリアルフォルダーやターゲットコンフィグ の設定に依存します。
ターゲットコンフィグにはデフォルト設定はできません。
メモリ 音声をオンメモリ再生する場合の設定です。オンメモリ再生用の音声データはACBファイル内に格納されます。
ストリーム 音声をメディアからストリーム再生する場合の設定です。ストリーム再生用の音声データはACBファイルと共に出力されるAWBファイルに格納されます。
(キューシート内にストリーム再生用データが存在しない場合はAWBファイルは出力されません。)
ゼロレイテンシストリーム 音声の先頭をプリフェッチ(メモリー再生)し、ストリームのバッファーの準備ができたところでストリーム再生に切り替わるハイブリットな再生です。
メモリー再生と同等のレイテンシで再生することができます。
プリフェッチ用にメモリー用のデータを別途必要とするため、ACBファイルのサイズが大きくなります。
プリフェッチする時間は、ターゲットコンフィグ から設定をします。

ターゲットコンフィグの設定

criatom_tools_atomcraft_streaming_type_targetconfig.png

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.