キューシートの作成

キューシートの作成

新規に作成したワークユニットにはデフォルトで空のキューシート[CueSheet_0]が作成されます。
ワークユニット名のフォルダー「WorkUnit_0」も自動で生成されています。

criatom_900_tree_newAtomCueSheet.png

キューシートの削除

このチュートリアルでは使用しませんのでキューシート「CueSheet_0」を選択し右クリックメニューから削除します。

criatom_900_tree_newAtomCueSheet_delete.png

キューシートを新たに作成するには

キューシートを作成する場合は、ツリー上で[キューシートフォルダー/WorkUnit_0]を選択し、右クリックメニューから[新規オブジェクト]→[キューシートの作成]を選択します。

criatom_900_tree_newAtomCueSheet_other.png

キューシートの名前の変更

ツリー上で[CueSheet_0]を選択して[F2]キーを押すと名前の編集状態になります。
編集状態にして名前を[TutorialCueSheet]に変更します。

criatom_900_tree_rename_tutorialCueSheet.png

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.