CSV音声ファイルリストについて

CSV音声ファイルリストは、音声ファイルリストに登録される情報をCSVフォーマットで記述したファイルです。
一行目にヘッダー(フィールドの名前情報)を書く書式と、ヘッダーを書かずに波形ファイル情報のみを書く書式があります。


ヘッダーを書く場合

CSVファイルの1行目にはフィールドの名前情報を記述し、2行目以降は一行毎にファイル情報を記述します。
CRI Atom Encoder Ver.3 では、このフォーマットでCSVエクスポートが実行されます。

フィールドの順番

下記8つのフィールドは並び順が固定で、以下の順番に記述されている必要があります。

> ファイルパス, コンテンツ名, コンテンツID, コーデック, リサンプル周波数, エンコード品質, ボリューム, カットオフ周波数

カットオフ周波数以降のフィールドは、任意の記述で記載します。

フィールドとヘッダー名の一覧

フィールド 1行目に記述する名前 内容
ファイルパス FilePath エンコード、パッキングをする音声ファイルのパス
コンテンツ名 ContentsName ACBファイルを生成する際に使用するコンテンツ名
コンテンツID ContentsId 音声ファイルに対応するコンテンツID
同じコンテンツIDを重複して指定する事はできません。
コーデック Codec エンコードするコーデックタイプ
HCA,ADX,HCA-MXのいずれかが記述されます。
リサンプル周波数 ResamplingRate サンプリング周波数を変更する場合の周波数
変更を行わない場合、音声ファイルのサンプリング周波数が44,100Hzであれば44100(NoResample)といったように記述されます。
エンコード品質 EncodingQuality コーデックがHCA, HCA-MXのときのエンコードの品質
HIGHEST,HIGH,MIDDLE,LOW,LOWESTのいずれかが記述されます。
ボリューム Volume エンコード時のボリューム値
小数点第3位まで記述されます。
カットオフ周波数 CutoffFrequency コーデックがHCA, HCA-MXのときのカットオフ周波数
チェックが付いている場合はその数値、チェックが付いていない場合はOff:0といったように記述されます。
ループ上書き指定 UseReloop ループ上書き指定を行う場合は1, 上書き指定をせず音声ファイルに埋め込まれたループ情報を使用する場合は0が記述されます。
ループ上書きモード ReloopMode ループ上書き指定を行う場合のループモード
ループを行うようにする場合は0, ループを無視するようにする場合は1が記述されます。
ループ上書き始点 ReloopStart ループ上書き指定を行い、ループを行うようにする場合に使用される、ループの開始サンプル位置
ループ上書き終点 ReloopEnd ループ上書き指定を行い、ループを行うようにする場合に使用される、ループの終了サンプル位置
コメント Comment 音声ファイルに対するコメント

ヘッダーを書かない場合

CSVファイルの一行目にフィールドの情報を書かない場合、以下のように一行毎にファイル情報を記述します。

ファイルパス, コンテンツ名, コンテンツID, コーデック, リサンプル周波数, エンコード品質, ボリューム, カットオフ周波数, (予約領域1), (予約領域2), (予約領域3), (予約領域4), (予約領域5), (予約領域6), (予約領域7), ループ上書き指定, ループ上書きモード, ループ上書き始点, ループ上書き終点, コメント,

予約領域1から7は、CRI Atom Encoder Ver.2 のCSVファイルインポート・エクスポート機能との互換性を持たせるために存在します。

Next:機種固有のコーデックについて

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.