CRI ADX2  Last Updated: 2021-04-27 11:06 p
CriAtomExRngInterfaceTag 構造体

疑似乱数生成器(Random Number Generator)インターフェース [詳解]

#include <cri_atom_ex.h>

フィールド

CriSint32(* CalculateWorkSize )(void)
 ワーク領域サイズの計算 [詳解]
 
CriAtomExRngHn(* Create )(void *work, CriSint32 work_size)
 疑似乱数生成器の作成 [詳解]
 
void(* Destroy )(CriAtomExRngHn rng)
 疑似乱数生成器の破棄 [詳解]
 
CriSint32(* Generate )(CriAtomExRngHn rng, CriSint32 min, CriSint32 max)
 疑似乱数の生成 [詳解]
 
void(* SetSeed )(CriAtomExRngHn rng, CriUint32 seed)
 乱数種の設定 [詳解]
 

詳解

疑似乱数生成器(Random Number Generator)インターフェース

フィールド詳解

◆ CalculateWorkSize

CriSint32(* CalculateWorkSize) (void)

ワーク領域サイズの計算

戻り値
CriSint32 ワーク領域サイズ
説明:
疑似乱数生成器を作成するために必要な、ワーク領域のサイズを取得します。

◆ Create

CriAtomExRngHn(* Create) (void *work, CriSint32 work_size)

疑似乱数生成器の作成

引数
[in]workワーク領域
[in]work_sizeワーク領域サイズ
戻り値
CriAtomExRngHn 疑似乱数生成器ハンドル
説明:
疑似乱数生成器を作成します。
疑似乱数生成器の作成に失敗した場合はNULLを返します。

◆ Destroy

void(* Destroy) (CriAtomExRngHn rng)

疑似乱数生成器の破棄

引数
[in]rng疑似乱数生成器ハンドル
説明:
疑似乱数生成器を破棄します。

◆ Generate

CriSint32(* Generate) (CriAtomExRngHn rng, CriSint32 min, CriSint32 max)

疑似乱数の生成

引数
[in]rng疑似乱数生成器ハンドル
[in]min最小値
[in]max最大値
戻り値
CriSint32 疑似乱数
説明:
新しい疑似乱数を生成します。
生成された疑似乱数はmin以上max以下である必要があります。(min,maxは範囲に含む)

◆ SetSeed

void(* SetSeed) (CriAtomExRngHn rng, CriUint32 seed)

乱数種の設定

引数
[in]rng疑似乱数生成器ハンドル
[in]seed乱数種
説明:
擬似乱数生成の元となる乱数種を設定します。

この構造体詳解は次のファイルから抽出されました: