CRI ADX2  Last Updated: 2021-04-27 11:06 p
CriAtomExSoundObjectConfigTag 構造体

サウンドオブジェクト作成用コンフィグ構造体 [詳解]

#include <cri_atom_ex.h>

フィールド

CriBool enable_voice_limit_scope
 ボイスリミットスコープの有効化 [詳解]
 
CriBool enable_category_cue_limit_scope
 カテゴリキューリミットスコープの有効化 [詳解]
 

詳解

サウンドオブジェクト作成用コンフィグ構造体

説明:
サウンドオブジェクトを作成する際に、動作仕様を指定するための構造体です。
criAtomExSoundObject_Create 関数の引数に指定します。

作成されるサウンドオブジェクトは、ハンドル作成時に本構造体で指定された設定に応じて、 内部リソースを必要なだけ確保します。
サウンドオブジェクトが必要とするワーク領域のサイズは、本構造体で指定されたパラメーターに応じて変化します。
注意
将来的にメンバが増える可能性があるため、各メンバの設定前に必ず criAtomExSoundObject_SetDefaultConfig マクロを使用してデフォルト値をセットしてください。
(構造体のメンバに不定値が入らないようご注意ください。)
参照
criAtomExSoundObject_Create, criAtomExSoundObject_SetDefaultConfig

フィールド詳解

◆ enable_voice_limit_scope

CriBool enable_voice_limit_scope

ボイスリミットスコープの有効化

説明:
ボイスリミットグループによる発音数制御を、このサウンドオブジェクトで独立して行うかどうかを指定します。
CRI_TRUEを指定すると、このサウンドオブジェクトに関連付けられたExプレーヤーから再生した音声の発音数について、
このサウンドオブジェクト内でのみカウントし、ボイスリミットグループによる発音数制御を行います。
CRI_FALSEを指定した場合、サウンドオブジェクトではボイスリミットグループによる発音数制御は行わず、
CRI Atomライブラリ全体での発音数制御に従います。
備考:
デフォルト値はCRI_FALSE(サウンドオブジェクトでボイスリミットを行わない)です。

◆ enable_category_cue_limit_scope

CriBool enable_category_cue_limit_scope

カテゴリキューリミットスコープの有効化

説明:
カテゴリによるキュー再生数制御を、このサウンドオブジェクトで独立して行うかどうかを指定します。
CRI_TRUEを指定すると、このサウンドオブジェクトに関連付けられたExプレーヤーから再生したキューのカテゴリ再生数について、
このサウンドオブジェクト内でのみカウントし、再生数制御を行います。
CRI_FALSEを指定した場合、このサウンドオブジェクトではカテゴリによる再生数制御は行わず、
CRI Atomライブラリ全体でのカテゴリによる再生数制御に従います。
備考:
デフォルト値はCRI_FALSE(サウンドオブジェクトでカテゴリキューリミットを行わない)です。

この構造体詳解は次のファイルから抽出されました: