CRI ADX2  Last Updated: 2021-07-02 16:39 p
CriAtomInstrumentPlayerConfigTag 構造体

#include <cri_atom.h>

フィールド

const CriChar8 * interface_name
 
const CriChar8 * instrument_name
 
CriSint32 max_channels
 
CriSint32 max_sampling_rate
 
CriAtomSoundRendererType sound_renderer_type
 

詳解

インストゥルメントプレーヤー作成用コンフィグ構造体

説明:
インストゥルメントが再生可能なプレーヤーを作成する際に、動作仕様を指定するための構造体です。

作成されるプレーヤーは、ハンドル作成時に本構造体で指定された設定に応じて、 内部リソースを必要なだけ確保します。
プレーヤーが必要とするワーク領域のサイズは、本構造体で指定されたパラメーターに応じて変化します。
注意
将来的にメンバが増える可能性があるため、 criAtomPlayer_SetDefaultConfigForInstrumentPlayer マクロを使用しない場合には、使用前に必ず構造体をゼロクリアしてください。
(構造体のメンバに不定値が入らないようご注意ください。)

フィールド詳解

◆ interface_name

const CriChar8* interface_name

インターフェース名

◆ instrument_name

const CriChar8* instrument_name

インストゥルメント名

◆ max_channels

CriSint32 max_channels

最大チャンネル数

◆ max_sampling_rate

CriSint32 max_sampling_rate

最大サンプリングレート

◆ sound_renderer_type

CriAtomSoundRendererType sound_renderer_type

出力先のサウンドレンダラタイプ


この構造体詳解は次のファイルから抽出されました: