CRI ADX2  Last Updated: 2021-04-27 11:06 p
CriAtomStreamingCacheConfigTag 構造体

ストリーミングキャッシュ作成用コンフィグ構造体 [詳解]

#include <cri_atom.h>

フィールド

CriSint32 max_path
 キャッシュするファイルの最大パス長 [詳解]
 
CriSint32 max_files
 キャッシュ可能なファイルの最大数 [詳解]
 
CriSint32 cache_size
 キャッシュ可能なファイルサイズ [詳解]
 

詳解

ストリーミングキャッシュ作成用コンフィグ構造体

説明:
プレーヤーにストリーミングキャッシュを作成する際に、 キャッシュ可能なファイルサイズ等を登録するための構造体です。
criAtomStreamingCache_CalculateWorkSize 関数、 criAtomStreamingCache_Create 関数の引数に指定します。

注意
将来的にメンバが増える可能性があるため、使用前に必ず構造体をゼロクリアしてください。
(構造体のメンバに不定値が入らないようご注意ください。)
参照
criAtomStreamingCache_CalculateWorkSize, criAtomStreamingCache_Create

フィールド詳解

◆ max_path

CriSint32 max_path

キャッシュするファイルの最大パス長

説明:
ストリーミングキャッシュでキャッシュするファイルの最大パス長を指定します。

◆ max_files

CriSint32 max_files

キャッシュ可能なファイルの最大数

説明:
ストリーミングキャッシュでキャッシュするファイル数を指定します。

◆ cache_size

CriSint32 cache_size

キャッシュ可能なファイルサイズ

説明:
ストリーミングキャッシュでキャッシュ可能なファイルサイズを指定します。
このパラメーターで指定した以上のファイルをキャッシュすることはできません。
また、ストリーミングキャッシュの必要ワークサイズは、 このパラメーターで指定したサイズ以上のサイズを要求されます。

この構造体詳解は次のファイルから抽出されました: