ADX2 Tips
ADX2を使用する際に有用な情報をまとめています。

Unity 標準オーディオを無効にする

プロジェクトの Audio 設定にて、「Disable Unity Audio」プロパティにより、Unity標準の オーディオを無効にすることが可能です。
ADX2を使用し、Unity標準のオーディオを使用しない場合は、Unity標準のオーディオを無効にすることで、 アプリケーションのCPU負荷およびメモリ使用量を軽減できる可能性があります。
cri4u_tips_adx2_disable_unity_audio_menu.png

cri4u_tips_adx2_disable_unity_audio_inspector.png

いくつかのプラットフォームでは、ADX2 による音声出力を利用する場合、上記の「Disable Unity Audio」を有効にすることが必須となっています。
このため、CRIWARE Unity Plug-in を導入してアプリケーションをビルドすると、一部のプラットフォームを除いて強制的にこのフラグを有効にします(Unity 5.6 以降のみ)。

Unity 標準オーディオを有効にする

Unity 標準のマイク入力機能を用いる場合など、Unity 標準のオーディオ機能を利用したい場合、下記の手順でプラグインによる強制フラグ更新を無効にしてください。

  • Unity Editor のメニューから、CriWareBuildPreProcessorPrefs.asset を作成する。
    cri4u_tips_adx2_enable_unity_audio_menu.png

  • アセットの「Mute Other Audio」フラグを無効にする。
    cri4u_tips_adx2_enable_unity_audio_inspector.png

  • プロジェクトの Audio 設定(Edit > Project Settings > Audio)にて、「Disable Unity Audio」のチェックを外す。

CRI Middleware logo Copyright (c) 2012 CRI Middleware Co., Ltd. CRIWARE Unity Plug-inマニュアル 2021-02-05 更新