AISACの適用範囲

設定階層のオブジェクトに対して適用されますので、他のパラメーターと同様に下位の階層に影響を与えます。
例えばキューに設定設定した AISAC は、そのキューの全トラックに対して影響を与えます。
トラックごとのブレンド具合を AISAC によって制御したい場合、トラックごとに同一の AISAC コントロールを使用する AISAC を設定してください。

AISAC は以下のオブジェクトに設定できます。

  • キュー
  • トラック
  • カテゴリ

AISACの応用

3D ポジショニング 再生において、距離減衰やリスナーと音源の相対角度に応じて AISAC によるパラメーター変化を適用することができます。
距離減衰に適用すれば、音ごとの減衰カーブやリバーブなどのエフェクトの効き具合を変化させられますし、相対角度に適用すれば位置による聞こえの変化を付与することができます。

また、REACT の変化パラメーターに AISAC コントロールを指定して、REACT により AISAC を適用することができます。
REACT と連動する AISAC にピッチを変化させるグラフを設定すれば、バレットタイムのような演出も可能となります。

AISACの適用範囲は上位に遡らない

加算や乗算の場合、どこにあっても影響するため勘違いしやすいのですが、どの位置にAISACを置くかをよく検討してください。
例えば各トラックのボリュームをまとめて変更したい場合に、変化内容が同じであれば、キューに指定するのが最も効率がよいです。
トラックへの設定は、そのトラックへの個別な振る舞いを設定したい場合にのみ行うようにしてください。

キューのタイムライン処理速度を変更する「再生レート」は、キューに設定した AISAC にて設定するようにしてください。
トラックに設定しても、適用を遡れないためキューの再生には何も影響を与えません。
(トラックから呼び出されるキューリンクなどのより下層には影響します)