セレクターによるトラック遷移タイプキューの制限事項

「セレクターによるトラック遷移」タイプキューは、トラックで再生している波形データの再生位置情報を元に、遷移先トラック内波形データの再生開始位置を算出します。
このため他のシーケンスタイプと比べて次のようなデータ作成上の制限事項があります。

  • キューへビート同期情報を先頭位置で設定する事が必須
  • トラックへのセレクターラベル設定が必須
  • 音声素材はトラックの先頭時刻(0秒)への配置が必須
  • シーケンスループ等のシーケンスマーカーの使用は不可
  • ブロック機能との併用は不可
  • 1トラックに対して複数の音声素材の登録は不可
  • 複数のトラックへ同一セレクターラベルの設定は不可
  • ウェーブフォームリージョンに対する繰り返し設定は不可
  • ウェーブフォームリージョンに対する再生タイミングランダム設定は不可
  • ウェーブフォームリージョン以外のリージョン配置は不可(サブシーケンス、キューリンク等)