5.ワークユニットを編集する

次に、作成したワークユニットを編集します。


(1) ワークユニットをロックする

まず、編集作業に入る前に、ワークユニットにロックをかけます。
ロックをかけておくと、排他的にワークユニットを編集することができます。
(他の作業者が同じワークユニットを編集し送信しようとしても、リポジトリに拒否されるようになります。)

ワークユニット[WorkUnit_1]とマテリアル情報ファイル[WorkUnit_1_MaterialInfo]を右クリックし、[バージョン管理]メニューから[チェックアウト]し、[ロック]します。

craftv2_vcs_tutorial_p4_wrku_ctxmenu_co_lock.png

ロックが完了すると、ロックしたファイルやフォルダー上に「鍵アイコン」がオーバーレイ表示されます。

craftv2_vcs_tutorial_p4_wrku_locked.png

ロックされたWorkUnit_1


バージョン管理ブラウザーでもファイルがロックできているかを確認することができます。

craftv2_vcs_tutorial_p4_fm_locked.png

バージョン管理ブラウザーでのバージョン管理状態の確認


(2) キューシートを変更する

ロックを行ったので、編集作業を開始します。

(2-1) キューを作成する

ワークユニット[WorkUnit_1]を作成すると、キューシート[CueSheet_0]があらかじめ作成されます。
このキューシートに音声素材をドロップして、キューを追加してください。
ここでは、波形ファイル adx1.wav と adx2.wav からキューを作成します。
波形ファイルをキューシートにドロップすると、自動的に音声素材が追加状態になります。

(2-2) ワークユニットの保存

変更を送信する前に、ワークユニットを保存します。
[Cmd + S] (Windowsの場合、Ctrl + S) を押して、WorkUnit_1を保存します。

(3) 変更を送信する

[ファイル]メニュー→[バージョン管理]→[ブラウザー]からバージョン管理ブラウザーを開き、右上の[変更を全て送信]ボタンをクリックします。

[変更を送信する]ダイアログが表示されますので、コメントを入力し、[OK]ボタンをクリックします。

craftv2_vcs_tutorial_p4_wrku_submit_dlg2.png

波形とキューの追加を送信する


ワークユニット[WorkUnit_1]への変更ががリポジトリに送信されます。
完了すると自動的にロック状態が解除されます。

craftv2_vcs_tutorial_p4_projtree_submitted2.png

WorkUnit_1の変更送信直後のプロジェクトツリー

覚え書き:
同じファイルに対する変更が先に行われていた場合、「衝突状態」になります。
ファイル編集を行う場合は、衝突状態にならないよう、まず対象ファイルをロックすることをお勧めします。

Next:6.他の作業者の変更を取り込む

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.