再生の基本的な仕組み


アプリケーションは、プレーヤーハンドルによってサウンドを簡単に再生できます。
プレーヤーハンドルに、音声ファイル名やキューをセットし、再生開始関数を実行するとサウンドの再生が始まります。
このとき、プレーヤーハンドルは、ボイスプールからボイスを取り出して再生します。
ADX_A_01.png

音声再生中のプレーヤーハンドルに対してさらに再生開始関数を実行すると、ボイスプールより新たにボイスを取得し、再生中の音声を継続しながら別のサウンドを再生します。
プレーヤーハンドルは、複数のボイスを所持することができます。
再生中のプレーヤーハンドルに対して、ボリュームなどの再生パラメーターを変更すると、プレーヤーハンドルの所持するすべてのボイスに対して変更を反映することができます。
ADX_A_02.png

プレーヤーハンドルがボイスを取得するときに、ボイスプールにボイスが存在しないときは、優先順位の低いボイスを停止し、そのボイスを割り当てます。
この機能を「ダイナミックボイスアサイン 」と呼びます。
また、プレーヤーハンドルはシーケンサを持ち、経過時間に合わせてボイスを取得し順次再生することもできます。(「シーケンス」)
Next:キュー

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.