ワークフロー

ADX2におけるデータ作成から音声再生までのワークフローを示します。

criatomex_workflow.png

データ作成から音声再生までのワークフロー

  1. データ作成(ツールサイド)
    オーサリングツール「CRI Atom Craft 」を使ってADX2用データを作成します。
    波形ファイルを登録、再生パラメーターを設定、エンコード・パッキングを行ってデータファイルを作成します。
    CRI Atom Craftは次のデータファイルを出力します。
    ACBファイル:キュー情報。メモリ再生用波形データ
    AWBファイル:TOC情報。ストリーミング再生用波形データ
    ACFファイル:環境設定や共通情報

  2. データ再生(ライブラリサイド)
    CRI Atomランタイムライブラリ 」を使ってADX2用データの再生を行います。
    プログラムでは「キュー」を指定してサウンドを再生します。

Next:ファイル

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.