カテゴリ

「カテゴリ」は、複数のサウンドをまとめて制御するための仕組みです。
サウンドデザイナーは、オーサリングツールによって個々のキューに対してカテゴリを設定しておくことできます。
カテゴリは最大16個まで設定することができます。

複数のプレーヤーハンドルによって、多くの音が再生された状況においても、カテゴリを指定して再生パラメーターを変更すると、そのカテゴリに属する音だけが変更されます。
また、カテゴリに属さない音に対して操作することもできます。
例えば、「セリフ」カテゴリ以外の音を小さくすることで、セリフを浮き上がらせるような演出(ダッキング)も可能です。


ADX_A_38.png


カテゴリには以下のパラメーターが設定できます。

設定方法

カテゴリを再生するキューに紐づける方法は2つあります。
Atomライブラリ Ver2.20.31以降のカテゴリについて

Atomライブラリ Ver2.20.31以降ではプレーヤーにカテゴリを設定した際、キュー側の設定が無視されず、 カテゴリグループが競合しない限り共存するようになりました。 カテゴリグループが同じカテゴリを設定した場合はプレーヤーの設定が適用されます。

Ver2.20.31より前のAtomライブラリではプレーヤーにカテゴリを設定すると、 データ側に設定されているカテゴリ設定が上書きされ、データ側の設定値は無視されていました。 以前の挙動で使用したい場合は、ライブラリ初期化時に CriAtomExConfig で enable_category_override_by_ex_playerをCRI_TRUEに設定してください。

Next:REACT

CRI Middleware logo Copyright (c) 2006-2018 CRI Middleware Co., Ltd.